神炎皇(しんえんおう)ウリア/Uria, Lord of Searing Flames》

効果モンスター
星10/炎属性/炎族/攻   0/守   0
このカードは通常召喚できない。
自分フィールド上に表側表示で存在する罠カード3枚を
墓地に送った場合のみ特殊召喚する事ができる。
このカードの攻撃力は、自分の墓地の永続罠カード1枚につき
1000ポイントアップする。
1ターンに1度だけ、相手フィールド上にセットされている
魔法・罠カード1枚を破壊する事ができる。
この効果の発動に対して魔法・罠カードを発動する事はできない。  

 SHADOW OF INFINITYで登場した炎属性炎族特殊召喚モンスター
 三幻魔の1体であり、表側表示罠カード3枚を墓地へ送ることで特殊召喚できる。
 モンスター効果以外はチェーンできない「毎ターン1枚ずつセットされた魔法・罠カード破壊する」起動効果を持つ。

 墓地肥やしが出来れば、攻撃力強化されていく。
 攻撃力アップの効率は良く、永続罠3枚を墓地へ送って特殊召喚したのであれば最低でも3000、デッキを特化していれば数千〜1万以上の攻撃力も視野に入る。

 しかし、3枚のカードを消費する以上、攻撃が通らずに除去されると大損害となる。
 一応伏せ除去起動効果を持っており、さらに起動効果発動時には相手魔法・罠カード発動を制限できるため、自力で《天罰》などへの耐性を持っていると言える。
 だが、起動効果特殊召喚してすぐには発動できないため、《奈落の落とし穴》などの特殊召喚反応型罠カードはもちろん、《強制脱出装置》などのフリーチェーン除去も普通に受けてしまう。
 1ターンに1度の回数制限も含め、重さの割には非常に心許ないと言わざるを得ず、この抑制効果が役に立つ事は多くはない。

 更に除去自体への耐性は一切持っていないので、相手ターン破壊されてしまう事も多い。
 守備力は上がらず常に0であるため、《月の書》《エネミーコントローラー》等で対処され易い。
 「表側表示で存在する罠カード」という事は、つまるところ永続罠装備罠罠モンスターを3枚墓地へ送る必要がある。
 複数枚の永続罠発動する事で相手に狙いを読まれてしまう可能性があり、全体除去魔法・罠除去で対処される危険がある。
 罠カードを複数投入する必要があるため、《人造人間−サイコ・ショッカー》《王宮のお触れ》の存在は脅威となる。
 また宣言効果を持ったカードに、罠カード宣言されやすくなる。

 《メタル・リフレクト・スライム》《死霊ゾーマ》等の罠モンスターを使う事で、戦力を整えることができる。
 《グラヴィティ・バインド−超重力の網−》《光の護封壁》ならば、殆どの永続罠と組み合わせて自分フィールドを有利に整えることができる。
 また、炎属性を多用するデッキであれば《バックファイア》を投入するのも悪くないだろう。
 永続罠を併用するうえでの有効活用を考えるのなら、《宮廷のしきたり》罠モンスターが代表例であろうか。
 《魔封じの芳香》《暗黒の呪縛》《モンスターBOX》《旅人の試練》《拷問車輪》《ニードル・ウォール》等もサポートカードとして候補に挙がる。

 このカードを投入したデッキを構築する場合、その使い方もある程度分岐する。
 爆発力を重視してこのカードをメインとするか、安定性を重視して単なる永続罠デッキの一戦力にするか。
 前者の場合は《我が身を盾に》《神の宣告》除去回避でこのカードをサポートし、《死者転生》で回収できるようにしたい。

 デッキを大量の永続罠で構成して《名推理》等を使い、墓地永続罠が溜まった後にこのカード召喚する。
 そうすればこのカード《キメラテック・オーバー・ドラゴン》をも超える攻撃力となり、さらに伏せ除去もできる。
 このカードサーチも可能なので、それほど難しいコンボではないだろう。
 とは言え、永続罠を入れ過ぎると手札事故の確率が異常に上がってしまう。

 《マジカルシルクハット》とは相性が良い。
 《エネミーコントローラー》などにより守備表示にされているこのモンスター攻撃された時に発動攻撃をかわすことができれば、永続罠2枚を墓地へ送ることで結果的に攻撃力を2000ポイントアップさせることができる。
 このモンスター特殊召喚するまでの時間稼ぎにもなる。

  • カード名の由来は「ウリエル(Uriel)」だろう。
    ウリエルはミカエル、ラファエル、ガブリエルなどと同じ四大天使の1人。
    「神炎皇」は、ウリエルに与えられた称号が「神の炎」なので、ここから採られたものだと考えられる。
  • 初登場時の効果は以下のようになる。
    自分フィールド上の罠カード3枚を
    墓地に送った場合に特殊召喚する事ができる。
    1ターンに1度だけ、相手フィールド上にセットされている
    罠カード1枚を破壊する事ができる。
    このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、
    罠の効果を受けず、魔法・効果モンスターの効果は
    発動ターンのみ有効となる。
    このカードの攻撃力・守備力は自分の墓地の罠カード1枚につき
    1000ポイントアップする。
    このカードが墓地に存在する時、手札の罠カードを墓地に送ることで、
    墓地のこのカードを特殊召喚することができる。
    このターン、自分フィールド上に他のモンスターが存在する場合、
    このカードは攻撃をすることができない。 

関連カード

このカードを使用する主なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:「相手フィールド上にセットされている魔法・罠カード1枚を破壊する事ができる。」という効果モンスター効果チェーンすることは可能ですか?
A:可能です。《死霊騎士デスカリバー・ナイト》は通常通り強制的にチェーンされます。

Q:このカード効果チェーンして発動されたモンスター効果チェーンして魔法・罠カード発動することは可能ですか?
A:可能です。(11/04/15)

Q:《スキルドレイン》等で効果無効になっている場合、《神炎皇ウリア》の効果魔法・罠カードチェーン発動することは可能ですか?
A:いいえ。「この効果発動に対して魔法・罠カード発動する事はできない。」は効果モンスター効果として扱わないため、チェーンして発動する事はできません。(12/05/26)

Q:「1ターンに1度だけ、相手フィールド上にセットされている魔法・罠カード1枚を破壊する事ができる。」という効果は具体的にはいつ発動できるのですか?
 また、相手ターン中にも発動できますか?
A:この効果起動効果です。よって、自分メインフェイズにのみスペルスピード1の効果として起動できます。

Q:自分フィールド上に《スキルドレイン》相手フィールド上に《大天使クリスティア》表側表示で存在します。
  自分《スキルドレイン》を含む自分フィールド上に表側表示で存在する3枚の永続罠を墓地に送り、《神炎皇ウリア》を特殊召喚する事はできますか?
A:はい、できます。(11/09/01)

Q:自分フィールド上に表側表示《閃光の追放者》表側表示《スキルドレイン》3枚が存在しています。
《閃光の追放者》効果《スキルドレイン》によって無効にされていますがこの時、《神炎皇ウリア》は《スキルドレイン》三枚を墓地に送り特殊召喚できますか? また、特殊召喚できる場合は《スキルドレイン》墓地へ送られますか、それとも除外されますか?
A:《神炎皇ウリア》を特殊召喚する事はできません。(14/01/26)

広告