神剣(しんけん)−フェニックスブレード/Divine Sword - Phoenix Blade》

装備魔法
戦士族モンスターにのみ装備可能。
装備モンスターの攻撃力は300ポイントアップする。
自分のメインフェイズ時、
自分の墓地に存在する戦士族モンスター2体をゲームから除外する事で、
このカードを自分の墓地から手札に加える。

 ストラクチャーデッキ−戦士の伝説−で登場した装備魔法
 戦士族専用であり、装備モンスター攻撃力強化する効果と、コストを払う事で自身を墓地からサルベージする効果を持つ。

 戦士族にしか装備できず、装備した際の攻撃力上昇値も300と極端に低い。
 しかし、注目すべきは墓地戦士族2体の除外事と引き換えにハンド・アドバンテージを稼ぎ出す、後半の自己サルベージ効果である。
 これにより単なる単体強化に留まらず、手札コスト等広範な活躍ができる。

 目下の活躍の場は、《聖騎士の追想 イゾルデ》の(2)の効果墓地へ送る装備魔法としての採用である。
 戦士族2体で《聖騎士の追想 イゾルデ》リンク召喚し、《聖騎士の追想 イゾルデ》の(2)の効果でこのカード墓地へ送り、レベル戦士族リクルートする。
 (トークンペンデュラムモンスターリンク素材に使う場合を除けば)この時点で《聖騎士の追想 イゾルデ》リンク素材として墓地には2体の戦士族が存在するため、それらを除外しこのカードを回収できる。
 つまりこのカードデッキピン挿しするだけで、《聖騎士の追想 イゾルデ》の(2)の効果で2枚のアドバンテージを稼げることになる。
 回収したこのカード《聖騎士の追想 イゾルデ》を素材に出したトロイメア手札コスト等として活用できればなおよい。

 その他相性の良いカードとしては、装備魔法を用いてコストを払う必要があり、自身も戦士族である《フェニックス・ギア・フリード》《エヴォルテクター シュバリエ》等が挙げられる。
 《セブン・ソード・ウォリアー》は、バーン効果モンスター除去効果共相性は良好。
 除外したモンスター《D・D・R》《混沌空間》帰還カードで再利用でき、再びコストにもできる。

 このカード墓地に落として自己サルベージ手札に加える方法も、墓地コストとなる戦士族を貯め込む方法も、上記の《聖騎士の追想 イゾルデ》を活用するのが群を抜いて効率的と言える。
 例えば《聖騎士の追想 イゾルデ》リンク召喚、その(1)の効果戦士族サーチ、(2)の効果《ヒーロー・キッズ》リクルート《ヒーロー・キッズ》効果で更に《ヒーロー・キッズ》2体をリクルートする。
 この時点でデッキエクストラデッキから5体もの戦士族を引っ張り出しており、これらをリンク素材等にして墓地に落とせば《聖騎士の追想 イゾルデ》リンク素材も含めて3回分のサルベージコストを賄える事になる。

関連カード

墓地コストを必要とし、自身をサルベージする効果を持つカード

―《神剣−フェニックスブレード》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:墓地戦士族モンスター2体を除外するのは、コストですか?
  効果ですか?
A:コストです。

Q:サルベージ効果に対して、《マジック・ジャマー》発動できますか?
A:いいえ、発動できません。

Q:サルベージ効果チェーンして《ロスト》などを発動され、このカード墓地を離れました。
  この場合、このカード手札戻すことはできますか?
A:いいえ、できません。
  墓地からしか手札戻すことはできません。

Q:《王家の眠る谷−ネクロバレー》発動している時、サルベージ効果発動できますか?
A:墓地カード除外できなくなるため、発動できません。

Q:《エンド・オブ・アヌビス》フィールド上に存在している時、サルベージ効果発動できますか?
A:発動し、墓地戦士族モンスター除外する事はできますが、サルベージ効果無効になります。

Q:サルベージ効果《光と闇の竜》によって無効になりますか?
A:いいえ、《光と闇の竜》無効効果墓地発動したカードの効果に対しては発動しません。(07/01/13)


Tag: 《神剣−フェニックスブレード》 魔法 装備魔法

広告