神剣(しんけん)−フェニックスブレード/Divine Sword - Phoenix Blade》

装備魔法
戦士族モンスターにのみ装備可能。
装備モンスターの攻撃力は300ポイントアップする。
自分のメインフェイズ時、
自分の墓地に存在する戦士族モンスター2体をゲームから除外する事で、
このカードを自分の墓地から手札に加える。

 ストラクチャーデッキ−戦士の伝説−で登場した装備魔法
 戦士族専用であり、装備モンスター攻撃力強化する効果と、コストを払う事で自身を墓地からサルベージする効果を持つ。

 戦士族にしか装備できず、装備した際の攻撃力の上昇値も300と極端に低い。
 しかし、注目すべきは墓地戦士族2体を除外する事と引き換えにハンド・アドバンテージを稼ぎ出す、後半のサルベージ効果である。
 効果発動する際に手札コストを要求する、《スナイプストーカー》《死者転生》等で活用できる他、装備魔法破壊する必要がある《拘束解放波》との相性も良い。
 特に装備魔法を用いてコストを払う必要があり、自身も戦士族である《フェニックス・ギア・フリード》《エヴォルテクター シュバリエ》等の各モンスターが持つ効果を使う際のコストとして最適である。
 《セブン・ソード・ウォリアー》の持つバーン効果モンスター除去効果共相性は良好。
 他の装備魔法と異なり、必ずしも手札加える必要はないので、《マジカルシルクハット》《おろかな副葬》サーチカードのように使う事も可能。

 サルベージにはコストとして戦士族モンスターが必要になるため、これを多く投入したデッキでないと採用は難しい。
 さらに、《魔導雑貨商人》《スナイプストーカー》等の墓地を肥やす手段も用意しておくと、円滑な利用が狙える。
 除外したモンスター《D・D・R》《混沌空間》帰還カードで再利用でき、再びコストにもできる。

 《聖騎士の追想 イゾルデ》の(2)の効果墓地へ送る装備魔法の候補としては有力。
 あちらのリンク素材の関係上、(トークンペンデュラムモンスターリンク素材に使う場合を除けば)墓地へ送られた時点で除外コストが用意されている。
 つまりこのカードデッキに1枚あれば、レベル戦士族リクルートしつつこのカードサーチできる事になるため、2枚のアドバンテージを稼げる。

関連カード

墓地コストを必要とし、自身をサルベージする効果を持つカード

―《神剣−フェニックスブレード》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:墓地戦士族モンスター2体を除外するのは、コストですか?
  効果ですか?
A:コストです。

Q:サルベージ効果に対して、《マジック・ジャマー》発動できますか?
A:いいえ、発動できません。

Q:サルベージ効果チェーンして《ロスト》などを発動され、このカード墓地を離れました。
  この場合、このカード手札戻すことはできますか?
A:いいえ、できません。
  墓地からしか手札戻すことはできません。

Q:《王家の眠る谷−ネクロバレー》発動している時、サルベージ効果発動できますか?
A:墓地カード除外できなくなるため、発動できません。

Q:《エンド・オブ・アヌビス》フィールド上に存在している時、サルベージ効果発動できますか?
A:発動し、墓地戦士族モンスター除外する事はできますが、サルベージ効果無効になります。

Q:サルベージ効果《光と闇の竜》によって無効になりますか?
A:いいえ、《光と闇の竜》無効効果墓地発動したカードの効果に対しては発動しません。(07/01/13)


Tag: 《神剣−フェニックスブレード》 魔法 装備魔法

広告