神星(しんせい)なる因子(いんし)/Stellarnova Alpha》

カウンター罠
(1):モンスターの効果・魔法・罠カードが発動した時、
自分フィールドの表側表示の「テラナイト」モンスター1体を墓地へ送って発動できる。
その発動を無効にし破壊する。
その後、自分はデッキから1枚ドローする。

 ザ・デュエリスト・アドベントで登場したカウンター罠
 テラナイト墓地へ送ってして発動し、相手魔法・罠カードモンスター効果の発動無効にし破壊し、更にデッキから1枚ドローする効果を持つ。

 《反射の聖刻印》と同様の効果に加えて、ドロー効果によりディスアドバンテージも相殺できる。
 最低でも1:1交換に持ち込める万能カウンターであり、サクリファイス・エスケープの役割も兼ねる優秀なサポートカードである。
 また、《星輝士 デルタテロス》墓地へ送ることでリクルート効果発動できるため、積極的にコストとして利用できる。

 【テラナイト】を組む上で重要な1枚となるが、発動時点ではボード・アドバンテージは失い、後続も含めてテラナイトを維持できないと使いづらい。
 特に戦闘に対しては無力なので、デッキテラナイトの枚数に合わせてこのカードの採用枚数を調整したい。

関連カード

イラスト関連

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:《神星なる因子》のテキストには「発動無効にし破壊する。その後自分デッキから1枚ドローする。」とありますが、墓地から発動する《武神器−ヘツカ》や、手札から墓地へ送って発動する《オネスト》等の発動にこのカードを使用した場合、破壊する処理はどうなりますか?
A:《神星なる因子》の効果は、無効にし破壊して初めてドローする効果適用されます。
  よって、墓地に送って発動する効果墓地から除外して発動した効果に対し《神星なる因子》を発動した場合は、効果無効となりますが、破壊ができない状況となりますので、ドローする処理は適用されません。(14/05/19)

Q:《星輝士 デルタテロス》召喚反転召喚エクシーズ召喚する際に《神の警告》発動された場合、チェーンして《神星なる因子》を発動できますか。
A:いいえ、その《星輝士 デルタテロス》墓地へ送って《神星なる因子》を発動できません。(14/05/28)

Q:《天空騎士パーシアス》との戦闘で「テラナイトモンスター破壊された場合、その後の《天空騎士パーシアス》効果チェーンをしてその戦闘破壊されたモンスター墓地へ送ってこのカード発動できますか?
A:いいえ、発動できません。(14/06/05)


Tag: 《神星なる因子》 カウンター罠

広告