神聖騎士(ホーリーナイト)パーシアス/Avenging Knight Parshath》

シンクロ・効果モンスター
星8/光属性/天使族/攻2600/守2100
チューナー+チューナー以外の光属性モンスター1体以上
1ターンに1度、相手フィールド上に表側表示で存在する
モンスター1体の表示形式を変更する事ができる。
このカードが守備表示モンスターを攻撃した時、
その守備力を攻撃力が超えていれば、
その数値だけ相手ライフに戦闘ダメージを与える。

 EXTRA PACK Volume 2で登場した光属性天使族シンクロモンスター
 相手フィールド上の表側表示モンスター表示形式を変更する起動効果相手貫通ダメージを与える永続効果を持つ。

 チューナー以外のモンスター光属性でなければならないため、デッキを選ぶシンクロモンスターである。
 主な採用デッキは、【ライトロード】【ヴァイロン】の様な【光属性】となるだろう。
 《サイバー・ドラゴン》《フォトン・スラッシャー》特殊召喚しやすい光属性モンスターも多いので、これらを扱う場合でも採用が見込める。
 《OToサンダー》からでもすぐに出す事ができ、併用する事になる《ヴァイロン・プリズム》効果攻撃力を上げる事ができるので、自身の効果との相性も抜群である。

 ノーコスト表示形式を変更でき、攻撃力守備力のどちらかが2600未満のモンスターならば戦闘破壊を狙える。
 《オネスト》《BF−月影のカルート》による反撃を受けそうな場面でも、安全に攻撃が通せる。
 戦闘破壊耐性を持ったモンスターサンドバッグにする際も、攻撃表示にして他のモンスターと総攻撃する事が可能である。
 また、貫通効果も持っているため、どちらの表示形式にしたとしてもかなりの戦闘ダメージを見込める。

 同じ召喚条件レベル属性攻撃力守備力シンクロモンスター《ライトエンド・ドラゴン》が存在する。
 あちらも戦闘に関する効果を持っており、どちらをシンクロ召喚するかは状況を見て判断する必要がある。
 対応範囲そのものはこちらの方が広く、《オネスト》が投入されているデッキならば貫通効果を大きく活かせるので、基本的にはこちらを使う方が有効な場面が多いだろう。

  • 「Avenge」は「(他者のため・正義や秩序のための)復讐」という意味を持つ。
    「Avenging」はここでは分詞形容詞であり、「復讐する〜」という意味で修飾語の役割をする。
    同じ「復讐」でも、「自身の誇りや体面のための復讐」「借りを返す」といった意味の「リベンジ(Revenge)」とは異なる。
    しかし、日本名は「仇討ち」という意味がなくなり、むしろ神聖なイメージが強調されている。

関連カード

収録パック等


Tag: 《神聖騎士パーシアス》 シンクロモンスター 効果モンスター モンスター 星8 光属性 天使族 攻2600 守2100

広告