神聖魔皇后(しんせいまこうごう)セレーネ》

リンク・効果モンスター
リンク3/光属性/魔法使い族/攻1850
【リンクマーカー:左下/下/右下】
魔法使い族モンスターを含むモンスター2体以上
(1):このカードがリンク召喚に成功した場合に発動する。
お互いのフィールド・墓地の魔法カードの数だけこのカードに魔力カウンターを置く。
(2):フィールドに「エンディミオン」カードが存在する限り、
相手はこのカードを攻撃対象に選択できない。
(3):1ターンに1度、自分・相手のメインフェイズに、
自分フィールドの魔力カウンターを3つ取り除いて発動できる。
自分の手札・墓地から魔法使い族モンスター1体を選び、
このカードのリンク先となる自分フィールドに守備表示で特殊召喚する。

 LINK VRAINS PACK 3で登場する光属性魔法使い族リンクモンスター
 リンク召喚に成功した場合に自身に魔力カウンター置く効果、特定条件下で攻撃対象に選択されない効果魔力カウンターを取り除いて自身のリンク先魔法使い族特殊召喚する効果を持つ。

 リンク素材には「魔法使い族を含む」という指定があり、効果含めて【魔法使い族】での採用となる。
 《落消しのパズロミノ》霊使い等の緩い縛りリンクモンスターを経由すれば他の種族を交えて出すのは難しくない。

 (1)はお互いフィールド墓地魔法カードの数だけ魔力カウンター置く効果
 デュエル後半になれば乗せる数も多くなり、それに伴い(3)の効果や他の魔力カウンターを必要とするカードの手助けとなる。
 《トゥーンのもくじ》を使用すれば1枚で3つの魔力カウンターを置け、(3)の効果発動できる。

 (2)はエンディミオンカードが存在する場合に攻撃対象にならない効果
 【魔力カウンター】では《魔法都市エンディミオン》キーカードとなるので適用は容易。
 また、あちらが破壊耐性を持つので、比例してこちらの場持ちもよくなる。
 ただ、効果による除去は無力なので《トーラの魔導書》等で守ってやりたい。

 (3)はお互いメインフェイズ魔力カウンターを取り除いて魔法使い族蘇生する効果
 魔力カウンターは(1)の効果置くことができ、個数の期待値も多いので純粋な【魔法使い族】でも使用できる。
 ステータスは低く、耐性エンディミオンを使わなければ適用できないので、この場合は1回効果を使い、リンク4へと繋げることになる。
 【魔力カウンター】ならば複数回の発動も狙え、戦線維持やアタッカーの確保が可能。

 (1)(3)共に同名カードに対する1ターンに1度の制限が存在しない。
 自身の効果ではリンクモンスター蘇生できないので、2体目以降のリンク素材は別途用意する必要はあるが、《マジックテンペスター》等で魔力カウンターを使い切った後に同名カードリンク召喚して再度魔力カウンターを乗せるというループもできる。

 元々の攻撃力が1850の魔法使い族であるため、リンク召喚すれば《憑依覚醒》の(3)の効果ドローできる。
 《憑依覚醒》永続魔法である点からこのカード置く事のできる魔力カウンターの嵩増しにもなり、互いにシナジーはある。
 霊使い憑依装着はいずれも魔法使い族でありこのカードリンク素材にできる他、(3)の効果により蘇生も可能なため、エンディミオンを採用せずとも【霊使い】で活用できるだろう。

  • モチーフはギリシャ神話に登場する月の女神セレネであろう。
    エンディミオンとセレネは恋に落ちるが、神であるセレネと違って老いて行くエンディミオンに嘆いたセレネは、最高神ゼウスに頼んで(一部では彼女自身が行って)彼を永遠の眠りにつかせた。
    それ以降毎夜セレネは地上に降り、眠るエンディミオンのそばに寄り添っているという。

関連カード

収録パック等


Tag: 《神聖魔皇后セレーネ》 モンスター リンクモンスター 効果モンスター リンク3 光属性 魔法使い族 攻1850

広告