神鳥(シムルグ)烈戦(れっせん)

永続罠
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドの鳥獣族モンスターの内、
攻撃力が一番高い鳥獣族モンスター以外の鳥獣族モンスターは、
攻撃対象にならず、相手の効果の対象にもならない。
(2):自分フィールドの、元々のレベルが7以上で元々の属性が異なる
「シムルグ」モンスター2体とこのカードを墓地へ送って発動できる。
フィールドのカードを全て持ち主の手札に戻し、自分は手札に戻した数×500のダメージを受ける。
その後、自分が受けたダメージと同じ数値分のダメージを相手に与える。

 RISING RAMPAGEで登場した永続罠
 攻撃力の一番高い鳥獣族以外の鳥獣族攻撃効果対象にできなくする効果、自身と特定のモンスターコストフィールドのカードを全てバウンスしてその数に応じてお互いダメージを与える効果を持つ。

 (1)は鳥獣族への耐性付与。
 攻撃力が一番高いモンスターには付与されないため、《BF−フルアーマード・ウィング》《RR−アルティメット・ファルコン》のような元々強固な耐性を持ちステータスの高いモンスターを用意しておくと心強い。
 《烈風の覇者シムルグ》《ダークネス・シムルグ》コスト用のモンスターを守れれば、制圧力もより強くなる。

 (2)は自身と元々のレベルが7以上で元々の属性が異なるシムルグ墓地へ送ることで発動する全体除去お互いへのバーン
 コストが非常に重く、最上級モンスターかつ異なる属性シムルグフィールドに用意しなければならない。
 闇属性シムルグ特殊召喚効果を持つのでフィールドに出しやすいが、風属性シムルグ特殊召喚手段に乏しい。
 シムルグカードを上手く使ってアドバンス召喚するのが現実的だろう。
 墓地へ送った2体の他、自分カードまで含めて全体除去するため、その後に攻め込むのが難しい。
 バーン効果お互いに発生するため、このダメージによる勝利を狙いたい。

 総括すると(2)の効果除去として見た場合は無駄が多く、効果ダメージで勝利を狙える場面で役立つことがあるかという程度。
 そのため、普段は(1)の効果を目当てにし全体除去はおまけと見るのがいいだろう。

関連カード

イラスト関連

収録パック等


Tag: 《神鳥の烈戦》 永続罠 シムルグ

広告