神鳥(しんちょう)シムルグ/Simorgh, Bird of Divinity》

効果モンスター
星7/風属性/鳥獣族/攻2700/守1000
このカードは特殊召喚できない。
このカードをアドバンス召喚する場合、
リリースするモンスターは風属性モンスターでなければならない。
このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、
お互いのプレイヤーはお互いのエンドフェイズ毎に1000ポイントダメージを受ける。
この時、それぞれのプレイヤーが受けるダメージは
魔法・罠カードをコントロールしている数×500ポイント少なくなる。

 ストラクチャーデッキ−烈風の覇者−で登場した風属性鳥獣族最上級モンスター
 特殊召喚できず、アドバンス召喚のためのリリースを制限する召喚ルール効果と、お互いライフダメージを与える誘発効果を持つ。

 特殊召喚できない上、アドバンス召喚リリース風属性モンスターに限定されている。
 アドバンス召喚を狙うのなら、ハーピィの展開力やガスタの場もちの良さなどを借用してリリースを確保したい所。
 風属性トークンである幻獣機トークン綿毛トークンダブルコストモンスター《暴風小僧》《SRベイゴマックス》《SRタケトンボーグ》なども検討に値する。
 カードの消費は多くなるが、ペンデュラム召喚ならリリースを確保しつつペンデュラムゾーンカードで自身へのダメージを減らす事ができる。
 また、リリースを要求されない《死皇帝の陵墓》で出してしまうのも手である。

 バーンダメージは何もしなければ自分も受け、魔法・罠カードが2枚あれば相手ダメージを防ぐ事ができるため、単体だと使いづらい。
 しかしお互いターンバーンが発生するため、ダメージは往復1ターンで2000とかなり多い。
 よって、相手はこのカードによるバーンを防ぐために魔法・罠カードを伏せてくるので、そこを魔法・罠除去で狙い撃つとよい。
 一見扱いにくいが、実は結構テクニカルなデッキが作れる、玄人向けのカードと言える。

 主な使い道としては、風属性モンスター主体の【アロマ・コントロール】で使うことが考えられる。
 相手ダメージ軽減を狙って、もしくは使用するためにセットした魔法・罠カード《ハーピィの狩場》《ゴッドバードアタック》で狙い撃つという動きができる。
 このカード耐性がない上に守備表示にされると脆いので、このカードを守るカードも投入したい。
 ただし、《サイクロン》等でエンドフェイズ魔法・罠カード破壊されると自分ダメージを受けやすくなる点には注意したい。

  • 「シムルグ(Simorgh)」とは、鳥の王、あるいは女王とされるイランの神話に登場する巨大な神鳥の名前である。
    「シムルグ」以外にも「シームルグ」「サムルク」「ジズ」などと表記される事もある。
    シムルグが羽ばたく事で翼から沢山の種が撒き散らされ、そこからありとあらゆる植物が芽を出したと言われる。
    ユダヤ教の伝承では、陸のベヒーモス、海のリバイアサンに対し、空のジズ(シムルグ)と言う存在である。
    犬の頭、ライオンの爪、孔雀の体を持ち、世界が滅びるのを三度見ているほど長く生きている。
  • アニメZEXAL第1話において、遊馬の学校の生徒が使用していた。

関連カード

―類似召喚制限

―類似効果

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:《死皇帝の陵墓》召喚できますか?
A:可能です。(《魔王ディアボロス》参照)

Q:「自分自身がコントロールする魔法・罠カード」とは魔法&罠カードゾーンセットしている魔法・罠を含みますか?
A:はい、含みます。

Q:ダメージを与える効果の分類は何ですか?
A:誘発効果であり、チェーンブロックを作ります。(14/10/19)


Tag: 《神鳥シムルグ》 効果モンスター モンスター 星7 風属性 鳥獣族 攻2700 守1000 特殊召喚不可

広告