神竜(しんりゅう)−エクセリオン/Divine Dragon - Excelion》

効果モンスター
星5/光属性/ドラゴン族/攻1500/守 900
このカードの召喚時に自分の墓地に存在する「神竜−エクセリオン」
1体につき、以下の効果を1つ得る。
ただし同じ効果を重複して得る事ができない。
●このカードの攻撃力は1000ポイントアップする。
●このカードが戦闘によって相手モンスターを破壊した場合、
もう一度だけ続けて攻撃を行う事ができる。
●このカードが戦闘によってモンスターを破壊し墓地へ送った時、
破壊したモンスターの攻撃力分のダメージを相手ライフに与える。

 SHADOW OF INFINITYで登場した光属性ドラゴン族上級モンスター
 召喚に成功した時に墓地の《神竜−エクセリオン》の数だけ効果を得る誘発効果を持つ。

 通常の場合、誘発効果によって得ることの出来る効果は最大で2種類。
 だが、初期ステータスの低さから攻撃力強化が必要となる場合が大半。
 強化以外の2つの効果を両方選ぶ場合、装備カードなどで補いたい。
 《月鏡の盾》ならば確実に戦闘破壊できるようになる。
 同名カード墓地に存在することで攻撃力が上がる《守護神の矛》との相性は抜群。
 他にも《オネスト》なら相手モンスター次第で1ターンキルも狙える。
 この誘発効果は強制的に発動するため、《連鎖破壊》チェーンして2種類の効果を獲得する事も可能。

 リクルーターから直接特殊召喚可能だが、その場合効果が得られなくなる。
 《巨竜の羽ばたき》を使えば手札に戻しつつ魔法・罠カード破壊できるので、《ダークブレイズドラゴン》などと併用する手もある。

 《カオスエンドマスター》効果特殊召喚すれば効果が無いとはいえ追撃をすることができ、その後レベル8のシンクロモンスターに繋ぐことができる。
 同時に後続の《神竜−エクセリオン》への布石になる。
 《カオスエンドマスター》光属性のサポートを受けられる。

 このカードを使う場合、《未来融合−フューチャー・フュージョン》《F・G・D》を指定するなどの工夫が必要。
 《仮面竜》同名カード特殊召喚して墓地へ送るなどすれば、効果発動しやすくなるはずである。
 コストは必要だが、複数回戦闘に使いたいなら《死者転生》《光の召集》サルベージする手もある。

  • 「Excelion」とは、「Excel(秀でる)」に接尾語「-ion」を加えて抽象名詞化した造語である。
    あえて日本語訳するとすれば「秀でるもの」「卓越するもの」といった意味になる。

関連カード

効果関連

――墓地同名カードの数によって強化されるカード

戦闘破壊したモンスターステータスに依存したバーン効果《E・HERO フレイム・ウィングマン》を参照。

収録パック等

FAQ

Q:墓地に《神竜−エクセリオン》が存在しない時に召喚に成功した場合、チェーンブロックは作られますか?
A:はい、その場合も効果発動し、チェーンブロックを作ります。(12/11/21)

Q:召喚に成功した時の効果発動は強制ですか?
A:はい、強制的に発動する効果です。(12/11/21)

Q:効果発動時効果解決時墓地の《神竜−エクセリオン》の数が変化した場合の処理はどうなりますか?
A:効果解決時の枚数を参照し得る効果が決定します。(12/03/12)

Q:墓地の《神竜−エクセリオン》が2枚の場合、1つの効果だけを得ることはできますか?
A:いいえ、その場合、2つの効果を必ず得なければいなりません。(12/11/21)

Q:効果チェーンブロックを作りますか?
A:はい、作ります。(12/03/12)


Tag: 《神竜−エクセリオン》 効果モンスター モンスター 星5 光属性 ドラゴン族 攻1500 守900

広告