針剣士(はりけんし)/Stinging Swordsman》

効果モンスター
星1/風属性/戦士族/攻 300/守 600
このカードが相手ライフに戦闘ダメージを与えた時、
相手の魔法&罠カードゾーンに表側表示で存在するカードを全て持ち主の手札に戻す。

 PHOTON SHOCKWAVEで登場した風属性戦士族下級モンスター
 戦闘ダメージを与えた時に、バウンスを行う誘発効果を持つ。

 相手戦闘ダメージを与えることが発動条件だがステータスが低く、《財宝への隠し通路》といったサポートが必須。
 しかし、その見返りは表側表示魔法・罠カードバウンスだけであり、除去できる範囲が狭い上に再利用されやすい。
 ロックカードなどはこのカード自体が攻撃できない場合も多く、効果も活かせないことも多いため、基本的に《サイクロン》等で除去したほうが良い。
 一応、相手送りつけトークンなどで自爆特攻し、自分カードバウンスして再利用することもできなくないが、消費に見合うとは言い難い。

  • 効果から察するに、「ハリケーン」と「剣士」を引っかけていると思われる。
    和風の鎧を着た小さな剣士の姿は、御伽話『一寸法師』で針を刀にしていた一寸法師を意識しているのだろう。
  • 後述のアニメの登場シーンにおいても手の平サイズの大きさだった。
  • 原作・アニメにおいて―
    漫画・アニメZEXALの「遊馬vs徳之助」戦において遊馬が使用。
    《ベビー・トラゴン》効果によって直接攻撃を行い、永続罠《ウラトラC》と《ウラ霧》をバウンスし反撃の狼煙となった。
    ZEXALII(セカンド)の「遊馬&ギラグvs小鳥&キャッシー」戦においても、遊馬が使用。
    このデュエルでは遊馬はギラグの策略でわざと負けるためのプレイをしており、攻撃表示召喚された後キャッシーの《キャット・ガール》に簡単に戦闘破壊されてしまった。
    一方、流れでデュエルに参加してしまい負けることができなくなったギラグ本人からは、「あんな弱いモンスターを」と言われてしまった。
    また、海水が流れ込んでくるNo.の遺跡でデュエル外で出され、水の流れに乗って遊馬とアストラルを誘導している。
    この時遊馬はD・ゲイザーをつけているため、実体化していたわけではない。
    効果名は「ハリケーン」。
  • アニメZEXALの「遊馬vs国立カケル」戦、ZEXALIIの「遊馬vsベクター」(2戦目)において遊馬が使用した装備魔法《ジャイアント・キリング》、「遊馬vsNo.96」戦において遊馬が使用した速攻魔法《オーバーテイク・サモン》のイラストに描かれている。
  • 劇中では効果発動時に「ハリケーン!」と《針剣士》自身が叫びながら効果発動していた。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:相手魔法&罠カードゾーンカード表側表示で存在しない時にこのカード相手戦闘ダメージを与えた場合でも、このカードの効果発動チェーンブロックが作られますか?
A:はい、発動チェーンブロックが作られます。(11/07/21)


Tag: 《針剣士》 効果モンスター モンスター 星1 風属性 戦士族 攻300 守600

広告