人造人間(じんぞうにんげん)−サイコ・リターナー/Jinzo - Returner》

効果モンスター
星3/闇属性/機械族/攻 600/守1400
このカードは相手プレイヤーに直接攻撃できる。
このカードが墓地へ送られた時、自分の墓地の
「人造人間−サイコ・ショッカー」1体を選択して特殊召喚できる。
この効果で特殊召喚した「人造人間−サイコ・ショッカー」は、
自分のエンドフェイズ時に破壊される。

 LIGHT OF DESTRUCTIONで登場した闇属性機械族下級モンスター
 直接攻撃ができる永続効果と、自身が墓地へ送られた時に自壊デメリットを付与された《人造人間−サイコ・ショッカー》蘇生できる誘発効果を持つ。

 1つ目の効果直接攻撃能力で、攻撃力《人造人間7号》よりも上だが、差は僅か100なので《機械複製術》が使えないデメリットの方が大きい。
 このカードの真価は2つ目の効果にあるので、こちらはオマケ程度に思っておくべきだが、最後の一押しには使えるだろう。

 2つ目の効果《人造人間−サイコ・ショッカー》蘇生する効果で、どこから墓地へ送られた場合でも良いため、《終末の騎士》《スクラップ・リサイクラー》を使えば簡単に発動可能。
 《ダーク・グレファー》ならば、手札《人造人間−サイコ・ショッカー》も同時に墓地へ送れるが、このカードコストにした場合タイミングを逃すので効果が使えない点には注意。
 他にも《クレーンクレーン》等と合わせてエクシーズモンスターに繋げるのも有効で、《闇・道化師のペーテン》と同様、このカードエクシーズ素材として保持することで除去に対する保険になり、《発条機雷ゼンマイン》であれば能動的に効果を使える。
 幸い自壊自分ターンなので、相手ターン中に効果を使っても無意味にならないのも利点である。

 また、複数の《人造人間−サイコ・リターナー》を墓地に送れば、同数の《人造人間−サイコ・ショッカー》蘇生することができる。
 《連鎖破壊》デッキから2体を墓地へ送れば、総攻撃力は5400にまでなる。
 3枚墓地に送れば総攻撃力は7200、さらに《リミッター解除》発動すれば1ターンキルも可能になり、自壊デメリットも共有できる。
 ただしその場合、当然だが《人造人間−サイコ・ショッカー》を複数墓地に貯める必要がある。
 種族属性が同じことから、このカードと多くのサポートを共有できるので素早く墓地へ送っておきたい。
 墓地《人造人間−サイコ・ショッカー》になる《人造人間−サイコ・ジャッカー》を絡めれば空撃ちを回避できる他、デッキ内にある《人造人間−サイコ・ショッカー》《人造人間−サイコ・ロード》を呼び出すことができる。

 自壊デメリットに関してはシンクロ召喚エクシーズ召喚、あるいは《人造人間−サイコ・ロード》特殊召喚コストにすれば打ち消せる。
 召喚権が残っていれば、《人造人間−サイコ・ショッカー》らのアドバンス召喚に繋げるのも手だろう。
 中でも《甲虫装機 エクサビートル》はこのカードを装備して再び効果が狙える。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:効果分類は何ですか?
A:直接攻撃永続効果蘇生誘発効果です。(08/09/23)

Q:ダメージステップ中に墓地へ送られた場合でも効果発動できますか?
A:はい、できます。(10/06/05)

Q:裏側表示の状態のままこのカードカードの効果墓地へ送られた場合でも効果発動できますか?
A:はい、できます。(10/07/01)

Q:装備カードの状態のこのカード墓地へ送られた場合でも効果発動できますか?
A:はい、できます。(10/06/05)

Q:フィールド上以外から墓地へ送られた場合でも効果発動できますか?
A:発動できます。

Q:このカード召喚などを《神の宣告》などで無効にされ墓地へ送られた場合でも効果発動できますか?
A:はい、できます。(10/06/05)

Q:《未来融合−フューチャー・フュージョン》効果で、《人造人間−サイコ・リターナー》を墓地へ送った場合、《人造人間−サイコ・リターナー》は効果発動できますか?
A:発動できます。(08/02/26)

Q:《人造人間−サイコ・リターナー》がコストとして墓地へ送られた時に効果発動できますか?
A:任意効果ですので、タイミングを逃す場合は使えません。(08/06/30)

Q:《人造人間−サイコ・ショッカー》《月の書》を使うことで、自壊を回避できますか?
A:回避できます。(08/03/04)


Tag: 《人造人間−サイコ・リターナー》 モンスター 星3 闇属性 機械族 効果モンスター 攻600 守1400 人造人間

広告