人造天使(シンセティック・エンジェル)/Synthetic Seraphim》

永続罠
このカードがフィールド上に存在する限り、
カウンター罠カードが発動する度に、
自分フィールド上に「人造天使トークン」(天使族・光・星1・攻/守300)1体を特殊召喚する。

 POWER OF THE DUELISTで登場した永続罠
 カウンター罠発動した場合に、その効果処理の直後に人造天使トークン特殊召喚する。

 カウンター罠発動という比較的緩い条件でトークンを1体特殊召喚できる。
 しかし、発動条件が受動的であることを踏まえると、大半のデッキでは《スケープ・ゴート》等の方がトークン生成カードとして優秀。
 カウンター罠の採用枚数が多くなる【パーミッション】であれば発動条件は満たしやすくなるが、生成したトークンの使い途が乏しい。

 このカードを有効活用するのであれば、【エンジェル・パーミッション】がいいだろう。
 特に《裁きを下す者−ボルテニス》と相性が良く、トークンが多ければ多いほど爆発力が高まり、召喚条件もこのカードとほぼ一致している。
 ただし、人造天使トークンは低ステータス故に維持しづらく、増やしすぎてもフィールドを圧迫するだけのため、タイミングは図る必要がある。

  • 英語名の「Seraphim」は《翼を織りなす者》を参照。
    「Angel(天使)」が別の単語に変更されることはよくあることだが、天使の位階の1つである「Seraphim(熾天使)」はよいのだろうか。
    人に造られた天使が最高位に属することも謎である。
  • 原作・アニメにおいて―
    アニメGXのデュエルアカデミアの3年生の筆記試験に、このカードの漢字表記を問う問題があった。
    また、3期EDで明日香のデッキに確認できる。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:トークン特殊召喚チェーンブロックを作りますか?
A:いいえ、作りません。

Q:どのタイミングで特殊召喚しますか?
A:カウンター罠の処理が終わった直後です。
  例えば「1:《地砕き》」→「2:《マジック・ジャマー》」とチェーンが積まれたとします。
 この場合、逆順処理で「2:《地砕き》無効」にしトークン1体を特殊召喚、「1:発動効果無効により処理なし」となります。


Tag: 《人造天使》 永続罠

広告