水晶機巧(クリストロン)−グリオンガンド/Crystron Quariongandrax》

シンクロ・効果モンスター
星9/水属性/機械族/攻3000/守3000
チューナー2体以上+チューナー以外のモンスター1体
(1):このカードがS召喚に成功した場合、
そのS素材としたモンスターの数まで相手のフィールド・墓地のモンスターを対象として発動できる。
そのモンスターを除外する。
(2):S召喚したこのカードが戦闘・効果で破壊された場合、
このカード以外の除外されている自分または相手のモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを自分フィールドに特殊召喚する。

 レイジング・テンペストで登場した水属性機械族シンクロモンスター
 シンクロ召喚に成功した場合に相手フィールド墓地モンスター除外する誘発効果シンクロ召喚した状態で破壊された場合にモンスター帰還する誘発効果を持つ。

 シンクロ召喚に複数のチューナーを求めるため、シンクロ召喚にはやや工夫が必要になる。
 【クリストロン】で出すならば、《水晶機巧−サルファフナー》《異次元海溝》クリストロン下級チューナー破壊することでモンスター3体を並べるのが良いか。
 2体のチューナー特殊召喚する《クリストロン・エントリー》も効果的である。
 相手ターンで出すことを狙うのならば下級モンスターを複数フィールドに並べて置き、《水晶機巧−クオンダム》《アクセル・シンクロン》を使って出したい。
 【ジャンクドッペル】なら《ジャンク・シンクロン》《ドッペル・ウォリアー》手札コスト1枚あれば相手ターンでのシンクロ召喚を狙える。
 2体で《アクセル・シンクロン》を出したあと、その効果《ジェット・シンクロン》墓地に送り蘇生させ、ドッペル・トークンとで《フォーミュラ・シンクロン》をだせば準備が整う。

 (1)の効果モンスター除外
 シンクロモンスターでは貴重なフィールド墓地カードを複数除外できるカード
 ボード・アドバンテージ墓地アドバンテージのどちらも削れるためシンクロ召喚できれば一定の活躍はできる。
 同レベル《氷結界の龍 トリシューラ》と比較するとフィールドから除外できる枚数が多い代わりに対象を取る点や手札魔法・罠カードを狙えない点で差があるのでうまく使い分けたい。

 (2)の効果モンスター帰還
 除去への保険にはなるが、相手がこのカード破壊してくれるかは怪しいため、場合によってはクリストロン下級チューナーなどで能動的に破壊しても良い。
 相手モンスター対象に取れるため、(1)の効果除外した大型モンスターを上手く奪えれば儲けものだろう。

関連カード

―《水晶機巧−グリオンガンド》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

(2)の効果について

Q:このカードの(2)の効果発動チェーンして相手《おジャマトリオ》発動し、自分モンスターゾーンに空きがなくなった場合、効果処理はどうなりますか?
A:対象に選択したモンスター特殊召喚できないため、墓地へ戻します。(16/12/04)


Tag: 《水晶機巧−グリオンガンド》 モンスター シンクロモンスター 効果モンスター 星9 水属性 機械族 攻3000 守3000 クリストロン

広告