水晶機巧(クリストロン)−サルファフナー/Crystron Sulfefnir》

効果モンスター
星5/水属性/機械族/攻2000/守1500
「水晶機巧−サルファフナー」の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが手札・墓地に存在する場合、
「水晶機巧−サルファフナー」以外の「クリストロン」カード1枚を手札から捨てて発動できる。
このカードを守備表示で特殊召喚する。
その後、自分フィールドのカード1枚を選んで破壊する。
(2):フィールドのこのカードが戦闘・効果で破壊された場合に発動できる。
デッキから「クリストロン」モンスター1体を守備表示で特殊召喚する。

 レイジング・テンペストで登場した水属性機械族上級モンスター
 クリストロン捨てて自身を特殊召喚し、自分フィールドのカード破壊する起動効果フィールド破壊された場合にクリストロンリクルートする誘発効果を持つ。

 名称縛りがあるため複数枚が墓地にあってもあまり意味がないが、(1)と(2)の効果をそれぞれ1回ずつ同一ターン発動できる。

 (1)の効果は、クリストロン捨てて自身を特殊召喚し、その後、自分フィールド上のカード1枚を破壊する効果
 特殊召喚した自身を破壊することでそのまま(2)のリクルート効果につなげることができる。
 チューナーを別途用意できるのであれば自身以外を破壊し、シンクロ召喚につなげてもいい。

 (2)の効果は、破壊された場合、デッキからクリストロンモンスターリクルートする効果
 (1)の効果特殊召喚し、そのまま自身を破壊する事で手札クリストロンカードデッキの中にいる任意のクリストロンモンスターに交換が可能となる。

 非チューナークリストロンは自身を墓地から除外することで発動する効果を持つため、このカード捨てることでアドバンテージを稼ぐことができる。
 召喚権を消費せずにデッキから好きなクリストロンモンスターリクルートできるため【クリストロン】回転力に大きく貢献する。
 墓地に居続ければそれだけ長く活躍できるので、《おろかな埋葬》《スクラップ・リサイクラー》《ジェネクス・ウンディーネ》などで迅速に墓地へ送りたい。

  • 名前の由来は「サルファー」+「ファフナー(ファフニール)」か。
    「サルファー」は日本語で言うところの「硫黄」であり、パワーストーンの一つとしても扱われる。
    これが含まれる水晶は「レモンクォーツ(レモン水晶)」となる。
    • 色、竜のようなデザイン、そしてこれまでのクリストロンチューナーが四神であることを考慮すると、モチーフは黄龍だろう。
    • 一方で「ファフナー」は、北欧神話やゲルマン神話に登場する人物の名である。
      細かい点は話によって変わってくるが、竜に変身する力を持っている。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《水晶機巧−サルファフナー》 モンスター 効果モンスター 星5 水属性 機械族 攻2000 守1500 クリストロン

広告