(ほし)金貨(きんか)/Gold Moon Coin》

通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分の手札を2枚選んで相手の手札に加える。
その後、自分はデッキから2枚ドローする。

 COLLECTION PACK−革命の決闘者編−で登場した通常魔法
 相手自分手札を渡すことでドローする効果を持つ。

 分け与えるカード2枚+このカードの3枚を消費し2枚ドローするため、カードのやり取りとしては、自分が−1枚、相手が+2枚と、3枚分損をする処理となる。
 相手にとって使い所のないカードを渡しても、手札コストにはされてしまう。
 相手アドバンテージに目を瞑って手札交換として見た場合でも、デッキに戻す《打ち出の小槌》とさして変わらず、枚数が選べない分選択肢が狭い。
 なお、相手にも恩恵がある2枚の手札交換には《手札断殺》も存在する。
 あちらは墓地アドバンテージを稼げるが、相手にも2枚の手札交換をさせ、墓地アドバンテージを与えてしまう。
 墓地を利用するデッキには《手札断殺》の方が相手に与えるメリットが大きく、手札コストを使うカードが多いデッキだとこちらの方が相手メリットを与えがちであり、一長一短と言える。

 使用するなら、相手手札に2枚のカードを送り込める点に着目すべきか。
 例えば、光属性攻撃力4000モンスターを2枚送り込んでから《A・O・J ディサイシブ・アームズ》効果を使えば1ターンキルになり得る。
 その場合は《ドラゴン・目覚めの旋律》で2枚サーチ可能な《究極宝玉神 レインボー・ドラゴン》が使いやすいだろう。

  • モチーフはグリム童話『星の銀貨』。
    貧しい少女が困った人に自身の物を分け与え全て失うが、最後には神様から銀貨を貰い幸福になるという話である。
    効果相手カードを分け与え、自分にも利益が来る点でモチーフを再現している。
  • 原作・アニメにおいて―
    アニメオリジナルKCグランプリ編の「レベッカvsレオン」戦においてレオンが使用。
    レベッカに通常魔法《糸つむぎの針》を渡し、通常魔法《百年の目覚め》をドローし、その効果でもってデュエルに勝利した。
  • レオンは《糸つむぎの針》を使えばレベッカの《ダイヤモンド・ヘッド・ドラゴン》を除去できたが、他に手札がなかった為、次のターンにレベッカがモンスター召喚した場合、敗北する状況であった。
    ドローは状況を悪化させる可能性もある賭けと言える状況であったが、結果は上述の通りの逆転勝利であった。

関連カード

収録パック等


Tag: 《星の金貨》 魔法 通常魔法

広告