星遺物(せいいぶつ)−『星冠(せいかん)』》

効果モンスター
星6/闇属性/機械族/攻2000/守2000
このカード名の、(1)の方法による特殊召喚は1ターンに1度しかできず、
(3)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードはリンクモンスターのリンク先となる
自分フィールドに手札から守備表示で特殊召喚できる。
(2):EXデッキから特殊召喚されたフィールドのモンスターが効果を発動した時、
このカードをリリースして発動できる。
その発動を無効にし破壊する。
(3):通常召喚したこのカードがリリースされた場合に発動できる。
デッキから「星遺物」魔法・罠カード1枚を手札に加える。

 CYBERNETIC HORIZONで登場した闇属性機械族上級モンスター
 リンク先となる自分フィールド手札から守備表示特殊召喚できる召喚ルール効果、自身をリリースする事でエクストラデッキから特殊召喚されたモンスターモンスター効果の発動無効にし破壊する誘発即時効果星遺物魔法・罠カード1枚をサーチする誘発効果を持つ。

 (1)の効果特殊召喚し、(2)の効果相手モンスター効果発動を制限するという動きが狙える。
 とはいえ、ステータスが低く効果を使う前に戦闘破壊される可能性も高い。
 特殊召喚した後はすぐさま各種素材に利用する、というのも1つの手だろう。
 このカード戦闘破壊から守ることができる《星遺物−『星槍』》《ハニーボット》と併用するならば、上記の動きを活かす機会も増えてくる。

 (3)はリリースされた場合に星遺物サーチする効果
 (2)の効果トリガーにできるが、通常召喚されたこのカードリリースする必要がある。
 このカードアドバンス召喚するにしても、攻撃力守備力共に頼りなく、(2)の効果を使う前に戦闘破壊される可能性も出てくる。
 この効果の使用を前提としたアドバンス召喚は無理に狙わず、(1)の効果特殊召喚した方がいいだろう。

 通常召喚した《星遺物−『星杯』》墓地に置き、(2)の効果星杯2体を特殊召喚し、リンクモンスターを出す。
 次のターンにあちらの(3)の効果でこのカードサーチすれば、そのリンク先特殊召喚できる。

  • 2018年のVジャンプ6月号によれば、「神樹」の一族によって封印されていたとのこと。
  • モチーフは「荊冠(けいかん)」だと思われる。
    イバラ(荊)でつくった冠のことで、キリストが十字架にかけられた際に荊冠をかぶせられたことから、受難の例えとしても用いられる。
  • ちなみに、冠の形をした聖遺物として「ロンバルディアの鉄王冠」というものがある。
    ヨーロッパで最も古い王冠の一つであり、キリストが磔にされた際に手足に打ちつけられた釘(聖釘)を引き伸ばして制作された王冠と言われている。
  • また、聖遺物ゆかりの冠には「リエージュの冠」というものもある。
    この冠にはいくつかの小さなくぼみがあり、そこには聖遺物が収められている。

関連カード

収録パック等


Tag: 《星遺物−『星冠』》 効果モンスター モンスター 星6 闇属性 機械族 攻2000 守2000 星遺物

広告