星遺物(せいいぶつ)−『星盾(せいじゅん)』》

効果モンスター
星6/闇属性/機械族/攻   0/守3000
このカード名の(3)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードはモンスターゾーンに存在する限り、
EXデッキから特殊召喚されたモンスターが発動した効果を受けない。
(2):このカードと同じ縦列の自分の「星遺物」カードは相手の効果の対象にならず、
相手の効果では破壊されない。
(3):このカードが墓地に存在する場合、
自分・相手のスタンバイフェイズに1000LPを払って発動できる。
このカードを墓地から特殊召喚する。
その後、相手は自身の手札・墓地からモンスター1体を選んで特殊召喚できる。

 EXTREME FORCEで登場した闇属性機械族上級モンスター
 エクストラデッキから特殊召喚されたモンスター発動した効果を受けない永続効果、同じ縦列の星遺物耐性を付与する永続効果自己再生して相手モンスター特殊召喚する権利を与える誘発効果を持つ。

 守備力は3000と高く、戦闘破壊されにくい。
 しかし攻撃力は0なので、自身の(3)の効果《戦線復帰》《機甲部隊の最前線》などを利用し、守備表示特殊召喚したい。
 《反転世界》などを用いて攻撃力に変換するのも一つの手である。

 (1)はエクストラデッキから特殊召喚されたモンスター発動した効果を受けない耐性
 自分の同条件の効果も受けないため、《ブラック・ローズ・ドラゴン》などに巻き込まれても破壊される恐れはない。
 永続効果は受けるが、除去エクストラデッキモンスター効果に依存するデッキには強い。
 (2)の耐性の対策として比較的よく見られる《氷結界の龍 トリシューラ》による除去も受けない。
 ただ、蘇生された融合モンスターシンクロモンスター効果は受ける。
 (3)の効果除去能力を持つモンスター蘇生されると突破される可能性が出てきてしまう。

 (2)は同じ縦列の星遺物耐性を付与する効果
 自身にも適用されるため単体でも(1)の効果と合わせて堅い耐性を持つことになる。
 他のカードを守るという観点では、エクストラモンスターゾーンに出せる星遺物が現状存在しないため魔法・罠カード1枚を守るだけである。
 (《覇王眷竜スターヴ・ヴェノム》《ワンハンドレッド・アイ・ドラゴン》等でカード名を複製した場合は例外となる。)
 当然フィールド魔法も守れないので、基本的には自身への耐性と見なしておけばよい。

 (3)は自己再生効果
 自分相手のどちらのスタンバイフェイズにも自己再生でき、、各種素材として使える。
 しかし、相手手札墓地から特殊召喚させてしまうため、状況によっては出したこのカードをすぐに処理される恐れもある。
 自分スタンバイフェイズなら出てきた相手モンスターをまだ処理しやすい。
 このカードレベルジェネクスチューナーで、《レアル・ジェネクス・クロキシアン》シンクロ召喚できる。
 レベルを持つモンスター蘇生させた場合、それのコントロール奪取できる可能性がある。

関連カード

―《星遺物−『星盾』》の姿が見られるカード

収録パック等


Tag: 《星遺物−『星盾』》 効果モンスター モンスター 星6 闇属性 機械族 攻0 守3000 星遺物

広告