星遺物(せいいぶつ)−『星杖(せいじょう)』/World Legacy - "World Wand"》

効果モンスター
星8/闇属性/機械族/攻 500/守2500
このカード名の(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):通常召喚したこのカードはEXデッキから特殊召喚されたモンスターとの戦闘では破壊されない。
(2):このカードが墓地へ送られた場合に発動できる。
手札から「星遺物」モンスター1体を特殊召喚する。
(3):墓地のこのカードを除外し、除外されている自分の「オルフェゴール」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分は闇属性モンスターしか特殊召喚できない。

 SOUL FUSIONで登場した闇属性機械族最上級モンスター
 通常召喚された場合にエクストラデッキから特殊召喚されたモンスター戦闘破壊されない永続効果墓地へ送られた場合に手札から星遺物特殊召喚する誘発効果、自身を墓地コストオルフェゴール帰還させる起動効果を持つ。

 (1)の効果エクストラデッキから特殊召喚されたモンスター限定の戦闘破壊耐性
 通常召喚が条件となるため、基本的に2体のリリースが必要になる。
 しかし、フィールドでは戦闘破壊耐性以外の効果がなく、用途は止まり。
 エクストラデッキモンスターも、エクストラデッキから特殊召喚された情報が蘇生帰還で容易にリセットできてしまうためとしては脆い。
 この効果を無理に活かす必要はそうないだろう。

 (2)は墓地へ送られた場合に手札から星遺物特殊召喚する効果
 どこからでも墓地へ送られた場合に発揮できるため、デッキから直接墓地へ送る手段や、手札から処理できる《オルフェゴール・プライム》を併用するとよい。
 上級モンスター最上級モンスターで構成されている星遺物手札事故を起こしやすく、小回りの効く万能特殊召喚はありがたい。
 攻撃力の高い《星遺物−『星槍』》を出してアタッカーとしたり、《星遺物−『星鎧』》サーチしたりといった動きを狙える。
 《オルフェゴール・トロイメア》はこのカード墓地へ送りつつ(3)の効果に繋ぐことができるため、特に相性がいい。

 (3)は墓地の自身を除外してオルフェゴール帰還させる効果
 最上級モンスターなので他のオルフェゴール下級モンスターと違いフィールドに出すには手間が掛かり、リンク素材にする運用は狙いにくい。
 手札デッキから墓地へ送ることで(2)の効果と合わせて使っていくことになる。
 オルフェゴールは自身の効果除外されるのでそれを再利用できる。
 (2)の効果星遺物特殊召喚した後に発動することで2体のモンスターを並べられる。
 また、リンクモンスター帰還できるため、特殊召喚した星遺物と合わせて高リンクに繋げられる。

  • イラストでは杖が衛星のように描かれている。
    モチーフは米国・中国などが開発しているとされる「神の杖」だろうか。
    重たい物体を宇宙空間から落とし、重力加速によってエネルギーを得る質量兵器とされており、アイデアだけは冷戦期からある。
    ただし、断熱圧縮による構造物の融解、条約への抵触、宇宙への運搬のコスト等の問題があり、また既存の大陸間弾道弾の方が強力かつ突入速度も速い。
    実在を信ずるに足る証拠は無い一方で、これまでインターネット上で出回った画像などは相当数、創作であることが明らかになっている。
  • 聖遺物としてのモチーフは預言者モーセが神から授かり、モーセとその兄アロンが使っていたとされる「アロンの杖」だと思われる。
    旧約聖書の『出エジプト記』に登場し、海を割って底を歩いたエピソードが有名。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《星遺物−『星杖』》 効果モンスター モンスター 星8 闇属性 機械族 攻500 守2500 星遺物

広告