星遺物(せいいぶつ)−『星槍(せいそう)』》

効果モンスター
星8/闇属性/機械族/攻3000/守   0
このカード名の(1)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):リンクモンスターを含むモンスター同士が戦闘を行うダメージ計算時に、
このカードを手札から捨てて発動できる。
その戦闘を行う相手モンスターの攻撃力は3000ダウンする。
(2):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
相手は他の「星遺物」モンスターを攻撃できない。
(3):EXデッキからモンスターが特殊召喚された場合に発動する。
お互いのフィールドに「星遺物トークン」(機械族・闇・星1・攻/守0)を1体ずつ守備表示で特殊召喚する。

 FLAMES OF DESTRUCTIONで登場した闇属性機械族最上級モンスター
 リンクモンスターを含むモンスター同士の戦闘時に自身を手札から捨てる事で相手モンスター攻撃力を下げる誘発即時効果相手が他の星遺物モンスター攻撃できなくなる永続効果エクストラデッキからの特殊召喚トリガー星遺物トークンお互いフィールド特殊召喚する誘発効果を持つ。

 (1)の効果ダメージ計算時攻撃力を3000下げる効果
 自分リンク1のリンクモンスターに使ったとしても大抵の状況で戦闘破壊可能になる。
 相手リンクモンスターにこちらのリンクモンスター以外が戦闘を行う場合も使えるが、相手が必ずリンクモンスターを使うとは限らないため、使う場合、リンクモンスターは用意しておきたい。
 リンクモンスターは常に攻撃表示であるため、このカード戦闘補助することで確実にダメージを狙える。
 特に相性がいいのが《トポロジック・ボマー・ドラゴン》で、あちらの効果ダメージ攻撃力3000で大ダメージが期待できる。

 (2)は他の星遺物への攻撃を封じる効果
 星遺物は概ねステータスが高く、守る必要があるのは通常召喚した《星遺物−『星杯』》程度である。
 基本的に(3)の効果相手ターンに出した星遺物トークンを守るのが主になるか。
 2体並べることで攻撃ロックできるが、目にする機会は少ないだろう。

 (3)は星遺物トークン特殊召喚する効果
 エクストラデッキから特殊召喚することが生成条件であり、生成したトークンリンク素材として使い、さらなる展開を目指すのが良いだろう。
 相手フィールドにも生成されるが、自分ターンでこの効果発動したのなら攻撃などで除去できる可能性は高い。
 相手エクストラデッキからの特殊召喚でも効果が誘発するので、相手ターン発動してしまうとトークンを素材に利用されるリスクはある。

関連カード

―《星遺物−『星槍』》の姿が見られるカード

収録パック等

FAQ

(3)の効果について

Q:星遺物トークン特殊召喚する位置はどちらのプレイヤーが選びますか?
A:このカードコントローラーが選びます。(18/01/12)

Q:星遺物トークン持ち主はどちらになりますか?
A:このカードコントローラーになります。(18/01/12)


Tag: 《星遺物−『星槍』》 効果モンスター モンスター 星8 闇属性 機械族 攻3000 守0 星遺物

広告