星遺物(せいいぶつ)−『星櫃(せいひつ)』》

効果モンスター
星7/闇属性/機械族/攻2500/守 500
このカード名の(1)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドのリンクモンスターが相手の効果で破壊され自分の墓地へ送られた場合、
このカードを手札から墓地へ送り、そのリンクモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
(2):モンスターをアドバンス召喚する場合、このカードは2体分のリリースにできる。
(3):通常召喚したこのカードがモンスターゾーンに存在し、
相手がEXデッキからモンスターを特殊召喚した場合に発動できる。
デッキからモンスター1体を墓地へ送る。

 SAVAGE STRIKEで登場した闇属性機械族最上級モンスター
 自身を手札コスト効果破壊されたリンクモンスター蘇生する誘発効果アドバンス召喚リリース2体分になるルール効果相手特殊召喚に反応し自分デッキからカード墓地へ送る誘発効果を持つ。

 (1)は相手効果破壊されたリンクモンスター蘇生
 除去への備えとなるが、効果破壊にしか対応しておらず、対応範囲が狭い。
 また、メインモンスターゾーンへの蘇生となるため、右下、下、左下のリンクマーカーが無意味になる可能性も出てくる。
 左右のリンクマーカーを持つモンスターと使うことを前提とすることになるか、リンク素材として使用することになるだろう。

 (2)はダブルコストモンスターとなる効果
 このカード自体が最上級モンスターであり、通常ならばわざわざこのモンスターを経由せずとも、その最上級モンスターを直接特殊召喚した方が消費が少ない。
 星遺物最上級モンスターの多くは「通常召喚された場合」を発動条件とする効果を持っているので、先にこちらを特殊召喚してリリースし他の星遺物アドバンス召喚すればその効果を活かせる。

 (3)は相手エクストラデッキからの特殊召喚トリガーとして墓地を肥やす効果
 通常召喚する必要があり、トリガー相手依存だが、攻撃力2500のこのカードが存在していればエクストラデッキから特殊召喚してくる可能性は高い。
 モンスターであればなんでもよく、基本的に相手ターン中に落とすことを考えると《超電磁タートル》あたりが有力候補となるだろう。

  • モチーフはモーセの十戒を記した石板が収められたという「契約の箱」だろう。
  • 「契約の箱」は「聖櫃」とよばれることも多く、このカードカード名も聖櫃を捩っている。
    ただし聖櫃はキリスト教・ユダヤ教において「契約の箱」のみを指す言葉ではなく、例えばキリスト教なら「聖人の遺体を納めた箱」も聖櫃と呼ぶ。
  • 「契約の箱」にはモーセの十戒を記した石板の他に、マナ(神がイスラエルの民に与えた食べ物)の入った金のつぼ、アロンの杖が収められたという。
    このモンスターの攻守は、アロンの杖がモチーフと思われる《星遺物−『星杖』》の攻守を入れ替えたものとなっている。

関連カード

収録パック等


Tag: 《星遺物−『星櫃』》 モンスター 効果モンスター 星7 闇属性 機械族 攻2500 守500 星遺物

広告