星遺物(せいいぶつ)交心(こうしん)

通常罠
このカード名の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):自分フィールドに「クローラー」モンスターが存在し、
相手モンスターの効果が発動した時に発動できる。
その効果は「相手フィールドの表側表示モンスター1体を選んで持ち主の手札に戻す」となる。
(2):墓地のこのカードを除外し、フィールドのリンクモンスター1体を対象として発動できる。
自分の手札・デッキ・墓地から「クローラー」モンスター1体を選び、
対象のモンスターのリンク先となる自分フィールドに裏側守備表示で特殊召喚する。

 CYBERNETIC HORIZONで登場した通常罠
 クローラーがいる場合に相手モンスター効果バウンス効果に変える効果墓地からこのカード除外してリンク先クローラー裏側守備表示特殊召喚する効果を持つ。

 (1)は、相手が発動したモンスター効果バウンス効果に変える効果
 発動条件であるクローラーは、相手効果フィールドから離れた場合に後続を呼ぶ効果を持っており、展開の補助に利用できる。
 ただし、選ぶのは相手であるため、バウンスしても問題ない他のモンスターがいると恩恵が薄くなってしまうので発動タイミングは考える必要がある。

 (2)は、リンク先クローラー裏側守備表示特殊召喚する効果
 展開補助を行えるが、発動条件から事前にリンクモンスターを用意しなければならない。
 【クローラー】リンクモンスターを素早く出す場合、トークンを出すカードを多めに入れておけば比較的序盤でも使える。
 クローラーリンクモンスターリンク先クローラー強化する効果を持つため、彼らの補助に利用できる。

  • クローラーは種族全体が1つの意思を独自のネットワークで共有しており、個々の個体に本来自我はないはずである。
    しかし、イラストに描かれている《クローラー・スパイン》は、従来のイラストでは赤く発光していた部分が青色に変化しており、自我についてもなんらかの変化があったものと思われる。
    上記の要素を踏まえるとカード名の「交心」は「(ネットワークの)更新」と「心を交わすこと」を掛けていると思われる。

関連カード

効果を変える効果を持つカード《闇の取引》を参照。

イラスト関連

収録パック等


Tag: 《星遺物の交心》 通常罠 星遺物

広告