星遺物(せいいぶつ)守護竜(しゅごりゅう)

永続魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):このカードの発動時に、自分の墓地のレベル4以下のドラゴン族モンスター1体を対象にできる。
その場合、そのモンスターを手札に加えるか特殊召喚する。
(2):1ターンに1度、自分フィールドのドラゴン族モンスター1体を対象として発動できる。
その自分のモンスターの位置を、他の自分のメインモンスターゾーンに移動する。

 SAVAGE STRIKEで登場した永続魔法
 墓地下級ドラゴン族サルベージまたは蘇生する効果自分フィールドドラゴン族カードの位置を変更する効果を持つ。

 (1)は発動時におけるドラゴン族下級モンスターサルベージまたは蘇生
 このカードに対応し、蘇生するメリットのあるドラゴン族は守護竜以外でも《太古の白石》《黒鋼竜》など多数存在する。
 ドラゴン族が豊富でリンク召喚とのシナジーもある【ヴァレット】への採用も可能だろう。
 蘇生対象《ハイバネーション・ドラゴン》を選ぶことで、同時にサルベージを行うこともできる。

 (2)は1ターンに1度使えるドラゴン族カードの位置の変更。
 ドラゴン族リンクモンスターリンク先の位置を変更する場合や、リンク先ドラゴン族を移動させてリンク先を空けるのが主な目的となる。

 ドラゴン族及びリンク先に関連した効果を持つ守護竜リンクモンスターとは相性が良い。
 例えば、レベル1のドラゴン族召喚して《リンクリボー》(もしくは通常モンスタードラゴン族《リンク・スパイダー》)をエクストラモンスターゾーンリンク召喚
 その後、このカード発動し、(1)の効果ドラゴン族蘇生させ、それを素材に《守護竜エルピィ》《守護竜ピスティ》リンク召喚
 さらに、このカードの(2)の効果《守護竜エルピィ》を右のメインモンスターゾーン《守護竜ピスティ》の場合は左)に移動させれば、《守護竜エルピィ》効果を使用できる。
 《守護竜エルピィ》効果《インフルーエンス・ドラゴン》リクルートし、《リンクリボー》ないし《リンク・スパイダー》ドラゴン族に変更。
 《リンクリボー》《インフルーエンス・ドラゴン》《守護竜アガーペイン》エクストラモンスターゾーンリンク召喚することでその効果を使用することができる。

 (1)の効果蘇生し、(2)の効果対象に取ることができるため、《聖刻龍−ドラゴンヌート》と非常に相性がいい。
 《聖刻龍−ドラゴンヌート》フィールドに出すカード対象に取るカードの2枚分の働きとなる。

 【バスター・ブレイダー】とも相性がいい。
 (1)の効果で《破壊剣士の伴竜》《破壊剣−ドラゴンバスターブレード》サルベージできる。
 また(2)の効果《破戒蛮竜−バスター・ドラゴン》を移動することで、リンクモンスター使用せずに《竜破壊の剣士−バスター・ブレイダー》と並べることができる。

関連カード

イラスト関連

収録パック等


Tag: 《星遺物の守護竜》 魔法 永続魔法 星遺物

広告