星鍵士(せいけんし)リイヴ》

リンク・効果モンスター
リンク2/光属性/サイバース族/攻2000
【リンクマーカー:左/左下】
モンスター2体
このカードは自分の墓地に「星遺物」カードが存在する場合のみリンク召喚できる。
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分メインフェイズに発動できる。
デッキから「星遺物」魔法・罠カード1枚を選んで自分フィールドにセットする。
このターン、自分の墓地に「星遺物」モンスターが存在しない場合には、そのカードは発動できない。
(2):リンク召喚したこのカードがリンク素材として墓地へ送られた場合に発動できる。
フィールドのカード1枚を選んで持ち主のデッキに戻す。

 LINK VRAINS PACK 3で登場する光属性サイバース族リンクモンスター
 墓地星遺物が存在する場合にのみリンク召喚できる召喚制限デッキから星遺物魔法・罠カードセットする効果、自身がリンク素材として墓地へ送られた場合にデッキバウンスを行う効果を持つ。

 リンク素材縛りはないが、星遺物カード墓地に存在する必要がある。
 魔法・罠カードでも良く、《星杯の神子イヴ》サーチし使ってからなら条件を満たせる。
 《終末の騎士》《スクラップ・リサイクラー》《星遺物−『星杯』》《星遺物−『星盾』》墓地に置き、次のターン以降での効果を狙いつつ条件を満たすのも手か。
 低レベルである《星遺物−『星鍵』》を出して《リンクリボー》等の素材にする事もできる。
 星遺物魔法・罠カードの中には汎用的なものも含まれており、星遺物関連でなくとも出せる。

 (1)は、デッキから星遺物魔法・罠カードセットする効果
 《星遺物を継ぐもの》《星遺物の守護竜》ならモンスター蘇生でき、リンク3につなげつつ(2)の効果の使用まで狙える。
 ただしこれらは墓地星遺物モンスターが存在しなければそのターン発動できないため、墓地の状況に注意したい。
 セットしたのが速攻魔法罠カードならば制約は無視できる。
 《サイクロン》等の伏せ除去には弱いが《灰流うらら》等に妨害されない利点でもある。

 (2)は、フィールドのカード1枚をデッキバウンスする効果
 リンク素材として墓地へ送られたと緩い条件なので発動は容易く、対象も取らないので性能の高い除去である。
 ただし、「リンク召喚したこのカード」という条件から実質1度しか使えない点は注意。
 《星遺物からの目醒め》《I:Pマスカレーナ》相手ターンリンク素材にすることで、フリーチェーン相手の展開を妨害することもできる。
 前者は(1)の効果サーチできるためコンボが容易である。
 後者は共にエクストラデッキから特殊召喚されている場合、《双穹の騎士アストラム》リンク召喚でき、相手がそれを処理する場合さらに1枚のバウンスを行える。

関連カード

カード名イラスト関連

収録パック等


Tag: 《星鍵士リイヴ》 モンスター リンクモンスター 効果モンスター リンク2 光属性 サイバース族 攻2000

広告