星杯剣士(せいはいけんし)アウラム》

リンク・効果モンスター
リンク2/炎属性/サイバース族/攻2000
【リンクマーカー:左下/右下】
「星杯」モンスター×2
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードの攻撃力は、自分の墓地の「星遺物」モンスターの種類×300アップする。
(2):このカードのリンク先の自分の「星杯」モンスター1体をリリースし、
そのモンスター以外の自分の墓地のモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターをこのカードのリンク先となる自分フィールドに特殊召喚する。
(3):このカードがフィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。
手札から「星杯」モンスター1体を特殊召喚する。

 CODE OF THE DUELISTで登場した炎属性サイバース族リンクモンスター
 自分墓地星遺物モンスターに比例した自己強化をする永続効果リンク先星杯モンスターリリースしてそれ以外の墓地モンスターリンク先蘇生する起動効果フィールドから墓地へ送られた場合に手札から星杯モンスター特殊召喚する誘発効果を持つ。

 《星杯竜イムドゥーク》を先にリンク召喚し、その効果手札星杯モンスター召喚すればリンク素材が揃う。
 もしくは、《レスキューラビット》《おもちゃ箱》等の通常モンスターサポートカードを利用しても星杯モンスターフィールドに揃えることができる。
 《星杯を戴く巫女》《星杯に選ばれし者》《魔の試着部屋》にも対応し、上手くいけば(2)の効果リリース分も含めて展開できる。
 《星杯を戴く巫女》ならレベル2以下の展開手段も多いためリリース分も揃えやすい。

 (2)の効果星杯モンスター墓地モンスターと入れ替える効果
 蘇生対象に制限がなく、バニラ星杯モンスター効果モンスターに入れ替えることができる。
 リンク素材リリースで3体の星杯モンスターを消費することになるので、なるべくアドバンテージを回復できるモンスターを狙いたい。
 《星杯竜イムドゥーク》蘇生させれば《星杯戦士ニンギルス》リンク召喚も狙える。

 (3)は自身が墓地へ送られた場合に手札星杯モンスター特殊召喚する効果
 星杯リンクモンスターの共通効果である。
 リンク素材などに使った場合でも発動するため、(2)の効果蘇生させたモンスターと絡めれば大量展開の起点ともなる。
 例えば、(2)の効果《ダンディライオン》蘇生させ、このカードリンク3を出し、星杯綿毛トークンでさらなるリンクモンスターに繋ぐことができる。
 ただし、星杯リンクモンスターは皆この効果を持っているため、連続でリンク召喚を行った場合などは手札消費が荒くなりがちである。
 墓地星杯モンスター《星遺物の加護》で回収したり、《星杯の妖精リース》手札を補充するなどしてフォローしたい。

  • アウラムの由来は、ラテン語の単語「Aurum」だろうか。
    金の元素記号「Au」の由来となったこの単語は「輝き」などを意味する。
    また幼馴染の名前から考えると聖書に登場する「アダムとイヴ」の「アダム」ともかかっている可能性がある。

関連カード

イラスト関連

―《星杯剣士アウラム》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《星杯剣士アウラム》 モンスター リンクモンスター 効果モンスター リンク2 炎属性 サイバース族 攻2000 星杯

広告