清冽(せいれつ)水霊使(すいれいつか)いエリア》

リンク・効果モンスター
リンク2/水属性/魔法使い族/攻1850
【リンクマーカー:左下/右下】
水属性モンスターを含むモンスター2体
このカード名はルール上「憑依装着」カードとしても扱う。
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):相手の墓地の水属性モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターをこのカードのリンク先となる自分フィールドに特殊召喚する。
(2):リンク召喚したこのカードが戦闘または相手の効果で破壊された場合に発動できる。
デッキから守備力1500以下の水属性モンスター1体を手札に加える。

 ETERNITY CODEで登場した水属性魔法使い族リンクモンスター
 憑依装着としても扱う効果外テキスト相手墓地から水属性1体を自身のリンク先蘇生する起動効果戦闘相手効果破壊された場合に守備力1500以下の水属性1体をサーチする誘発効果を持つ。

 霊使いリンクモンスター水属性版であり、サポートする属性水属性になった以外は《灼熱の火霊使いヒータ》などと同じ効果を持つ。

 リンク素材水属性を含む2体であり、同じく水属性サポートリンク2である《マスター・ボーイ》と比べ若干軽い。
 水属性2体でのリンク召喚方法はあちらを参照。

 こちらは水属性1体で済むため、水属性モンスターを一部含むカテゴリでも出しやすい。
 水属性魔法使い族《魔導書士 バテル》を経由して出すといったことも狙える。

 (1)は相手墓地水属性モンスターリンク先蘇生する効果
 水属性汎用性が高いと言えるモンスターが多くないが、《海亀壊獣ガメシエル》《水晶機巧−ハリファイバー》などは環境レベルでも遭遇率が高いため狙い目となる。
 《水晶機巧−ハリファイバー》リンク4にもなるが、デッキタイプによっては(2)の効果除外されることもあるので注意。
 《オルターガイスト・メリュシーク》も遭遇率は高いものの、素材などにして墓地へ送ってしまうと、あちらの(3)の効果の発動を許すため他に選択肢がある場合は極力避けたい。
 【水属性】においては《海晶乙女コーラルアネモネ》の方が自分墓地から蘇生できる分安定しており、こちらを使うなら水属性以外を出せる事を考慮したい。

 (2)は相手効果または戦闘破壊された場合に、守備力1500以下の水属性モンスターサーチする効果
 相手依存ではあるものの、範囲は広いので【水属性】全般で採用を検討できる。

  • 清冽(せいれつ)」とは「(きよ)()んだ冷たい水や、そのさま」を意味する語である。

関連カード

収録パック等


Tag: 《清冽の水霊使いエリア》 モンスター リンクモンスター 効果モンスター リンク2 水属性 魔法使い族 攻1850 霊使い 憑依装着

広告