生存本能(せいぞんほんのう)/Survival Instinct》

通常罠
自分の墓地に存在する恐竜族モンスターを任意の枚数選択しゲームから除外する。
除外した恐竜族モンスター1枚につき、自分は400ライフポイント回復する。

 ストラクチャーデッキ−恐竜の鼓動−で登場した通常罠
 墓地恐竜族モンスター除外し、その枚数に応じてライフ回復を行う。

 回復量はさほど低くないが、ディスアドバンテージ1枚に釣り合うほどの回復量を得るのは困難なので除外を主目的として利用することになる。
 また、恐竜族除外されたモンスターを利用する効果を持つものはほとんどなく、事実上《ディノインフィニティ》の専用サポートカードである。
 除外する枚数を自由に選べることから、《ディノインフィニティ》攻撃力を1枚で大幅に高めることが可能。

 問題は、同じく恐竜族墓地リソースを消費する《幻創のミセラサウルス》の存在である。
 あちらは、即効性に優れている上に、直接《ディノインフィニティ》リクルートも可能で、モンスターゆえに手札事故に危険も少ない。
 一応、除外枚数を特に制約なく選べる点やコンバットトリックとして使用できる点など独自の利点もあるものの、あえてこのカードを使う理由とするには弱く、採用理由は見出し難いというのが現状である。

  • 当初はイラストOCGと異なり、恐竜達が洞窟の中から山火事の様子を伺っているもので、火山弾も降っていなかった。その後、OCGと同じものに変更された。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:カード除外するのはカードの効果ですか?発動コストですか?
A:発動コストになります。


Tag: 《生存本能》 通常罠

広告