生贄封(いけにえふう)じの仮面(かめん)/Mask of Restrict》

永続罠
このカードがフィールド上に存在する限り、
お互いのプレイヤーはカードをリリースできない。

 Spell of Mask −仮面の呪縛−で登場した永続罠
 生け贄、つまり現在のリリースを封じるという、ルール介入型の効果を持つ。

 アドバンス召喚のためのリリースだけでなく、あらゆる形でのリリースを封じる。
 《D−HERO Bloo−D》《溶岩魔神ラヴァ・ゴーレム》等の「召喚ルール効果による特殊召喚のためのリリース」も封じる。
 《スターダスト・ドラゴン》《幻獣機ドラゴサック》《魔のデッキ破壊ウイルス》等の、発動コストとしてのリリースも同様に封じる。
 特に、壊獣等の「相手モンスターリリースする事によるモンスター除去」を封じられる、数少ないカードである事は評価できる。

 ただしリリースを一切行わないデッキも当然存在し、全体の割合で見るとむしろそちらの方が多い。
 メインデッキに投入される事は極めて稀なカードであり、リリースを多用するデッキメタを貼りたい場合に、サイドデッキに投入するのが基本となる。
 デッキとしては、アドバンス召喚を軸とする【帝コントロール】【クリフォート】【真竜】等の他、特殊召喚リリースが必要な【聖刻】【壊獣】にも刺さる
 また儀式魔法リリースも封じるため、【儀式召喚】全般に対しても有効。
 変わったところでは、トークンリリースして戦う【幻獣機】や、維持コストとしてリリースが必要な【アモルファージ】にも効果的である。

 デメリットを持つモンスター送りつけを軸とする【転移アシゴ】のようなデッキでは、ロックを万全とするためにメインデッキから投入する事もある。
 送りつけモンスターリリースし、《トラゴエディア》等、本来アドバンス召喚を目的としていない上級モンスターアドバンス召喚することでロックを解除する逃げ道を封じるためである。

  • カード名がとても率直なカードの一つ。
    しかし、英語名を直訳すると「制限の仮面」であり、名前だけでは何を制限するのか分からない。
  • 原作・アニメにおいて―
    原作における「バトルシティ編」の「遊戯&海馬vs光の仮面&闇の仮面」戦で仮面コンビが使用。
    原作・アニメともに、その時の効果は以下のようであった。
    相手プレイヤーがモンスターを生贄宣言した時に発動する。
    その生贄は無効となり、このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、
    相手フィールド上モンスターは、生け贄には使用できない。
    発動条件がある代わりに生け贄が制限されるのは相手フィールドモンスターだけであった。
    このカード召喚を妨害していたのだが、「相手フィールドモンスター生け贄のみ」を封じるという抜け道を見抜かれ、海馬の《クロス・ソウル》で突破された。
  • アニメDMオリジナル「ドーマ編」の「遊戯vsラフェール」(1戦目)では、ラフェールがお互い生け贄を1ターンに1体までとする永続罠《サクリファイスリミテッド》を使用している。
  • アニメARC-V第21話において、遊矢が読んでいた雑誌「Dステップ」の記事中で紹介されていた。
    ARC-Vのスタンダード次元における環境アドバンス召喚が中心となっているので、このカードが与える影響はこちらの世界よりも大きいと思われる。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:リリースコストとする魔法・罠カードチェーンして発動した場合、それらを止めることはできますか?
A:いいえ。発動時にリリースされているため、チェーンして発動した場合は止めることができません。
  チェーンブロックを作らない「コストとしてのリリース」をされたくなければ、予め発動しておく必要があります。


Tag: 《生贄封じの仮面》 永続罠

広告