精霊獣使(せいれいじゅうつか)い ウィンダ/Spiritual Beast Tamer Winda》

効果モンスター
星4/風属性/サイキック族/攻1600/守1800
自分は「精霊獣使い ウィンダ」を1ターンに1度しか特殊召喚できない。
(1):このカードが相手によって破壊された場合に発動できる。
デッキまたはエクストラデッキから「霊獣」モンスター1体を召喚条件を無視して特殊召喚する。

 レイジング・テンペストで登場した風属性サイキック族下級モンスター
 霊獣使い共通の特殊召喚回数を制限する効果外テキスト相手によって破壊された場合にデッキまたはエクストラデッキから霊獣特殊召喚する誘発効果を持つ。

 デッキだけでなくエクストラデッキからも後続を特殊召喚できる他に類のないリクルーターである。
 この内、メインデッキに入る霊獣使い召喚トリガーとするものしかいないため、リクルートする意味が薄い。
 精霊獣の場合はメインフェイズにしか効果を利用できないが、起点となる《精霊獣 ラムペンタ》リクルート可能。
 また、同名カードリクルート可能なので、複数枚採用しておけば、1ターンに1度破壊耐性にもなる。

 また、エクストラデッキから聖霊獣騎融合モンスターを展開でき、その効果も利用できる。
 【霊獣】なら重要なサーチ効果を持つ《聖霊獣騎 カンナホーク》を優先したい。
 聖霊獣騎除去を受けそうな場合でも分離効果を使い回避を狙える。
 ただ、ある程度精霊獣霊獣使い除外されていないと、聖霊獣騎の分離効果などを含め十分に機能しない。
 除外されている霊獣が少ない場合は、やはり《精霊獣 ラムペンタ》などを優先したい。
 破壊された場所を問わず、召喚無効にされたり、手札デッキ破壊された場合であっても効果発動できる。
 特に、相手《死のデッキ破壊ウイルス》発動された際にこのカードを3枚破壊された場合は、一気に3体の霊獣特殊召喚できる。
 同様の理屈から相手《激流葬》《霊獣の騎襲》チェーンして2体展開するのも良い。

 発動条件は「相手によって破壊された場合」と受動的だが、逆に言えば相手ターン聖霊獣騎効果特殊召喚するモンスターとしては非常に適している。
 破壊された場合には、攻撃力3200の《聖霊獣騎 ガイアペライオ》、または破壊耐性を持つ《聖霊獣騎 ペトルフィン》特殊召喚すればそのターンを凌ぎやすい。
 また、自爆特攻できる状況なら能動的に発動できるので、手軽に攻撃力3200のアタッカーを呼び出す手段としても活用できる。
 そのため、【霊獣】においては打点確保要員として採用するのも良い。

 なお、特殊召喚できるのは1ターンに1度のみだが、モンスター効果の発動には制限がかかっていない。
 召喚して自爆特攻から効果発動《リビングデッドの呼び声》蘇生させ、再び自爆特攻することで複数の霊獣を並べることも可能。
 【霊獣】に採用される《マクロコスモス》とも相性が良く、除外されていれば、呼び出した聖霊獣騎効果で容易に帰還させることができる。

 このカードは、現状唯一精霊獣霊獣使いの両方に属するので、このカード2枚で聖霊獣騎特殊召喚及び分離が行える他、《霊獣の騎襲》や他の霊獣使い精霊獣とも柔軟に併用できる。
 また、唯一のレベル4の霊獣使いでもあるので、聖霊獣騎から精霊獣とこのカードに分離すれば、レベル4で統一された精霊獣と共にランク4のエクシーズ召喚を狙うこともできる。

 【セフィラ】では、《英霊獣使い−セフィラムピリカ》効果蘇生できるため、自爆特攻からのリクルートを行いやすい。
 また、このカード自体が精霊獣であるため、上記や《影霊獣使い−セフィラウェンディ》とともに聖霊獣騎特殊召喚を行える。

関連カード

―類似効果

―《精霊獣使い ウィンダ》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《精霊獣使い ウィンダ》 モンスター 効果モンスター 星4 風属性 サイキック族 攻1600 守1800 精霊獣 霊獣 霊獣使い

広告