(せい)なるバリア −ミラーフォース−/Mirror Force》

通常罠
(1):相手モンスターの攻撃宣言時に発動できる。
相手フィールドの攻撃表示モンスターを全て破壊する。

 Vol.7で登場した通常罠
 相手攻撃宣言した時に発動でき、相手攻撃表示モンスターを全滅させる効果を持つ。
 攻撃反応型罠カードの開祖といえる存在である。

 攻撃表示相手モンスターを全滅させる、強力な攻撃反応型罠カードである。
 このカード1枚で最大5体のモンスター破壊できるので、1:1交換以上のポテンシャルを秘めているカードであり、逆転への一手となる1枚と言えるだろう。
 同じ攻撃反応型罠カードという観点では《次元幽閉》《神風のバリア −エア・フォース−》も存在するため、それぞれのデッキに合ったカードを選択したい。

 ただし、攻撃宣言時という発動タイミングの都合上、伏せ除去に弱いという欠点がある。
 その他にも、攻撃反応型の罠カード耐性を持つアンティーク・ギア等のモンスター効果や、罠カード自体を封殺する《王宮のお触れ》等にも無力である。
 強力な全体除去カードの1枚ではあるが、このカードがあるからといって一概に安心できるものでもない事は心に留めておきたい。

 不特定多数のモンスターを全て破壊するため、このカードの効果対象をとる効果ではない。
 「攻撃表示モンスター破壊する」効果なので、このカードの発動《皆既日蝕の書》等をチェーンして守備表示にすれば、破壊を回避できる。
 《融合解除》等のモンスター特殊召喚するカードサクリファイス・エスケープする場合は、守備表示特殊召喚しないと破壊されてしまう。
 こうした手段で現れる後続のモンスターに対しても力を発揮するのも、このカードの強みと言える。

 環境を意識して採用する場合、《神風のバリア −エア・フォース−》《砂塵のバリア −ダスト・フォース−》といった類似のカードとは仮想敵によって使い分ける事となる。
 破壊耐性を持つモンスター等が多く存在する環境では、《神風のバリア −エア・フォース−》が優先される。
 特殊召喚に成功した時に効果を発揮するモンスター等が多く存在する環境では、このカードが優先される。
 フィールドを離れたら効果発動モンスター等が多く存在する環境では、《砂塵のバリア −ダスト・フォース−》が優先される。
 もっとも環境にいるデッキによって何が弱点かは根本的に異なる場合が多く、苦手であっても伏せ除去が得意なデッキであれば当然成功率も低くなる。
 当然枠の問題もあるので、自分の使うデッキが苦戦するデッキに対して対抗策となるものだけを採用するなど、考えて採用する必要がある。

  • 間違えやすいが、「聖なるバリア」の後にスペースが入っている。
    当Wikiでも長年間違えていたため、検索の際には注意したい。
    なおこのミスは、ゲーム作品や攻略本などでも多くみられていた。
  • コナミ版の前身のバンダイ版では、週刊少年ジャンプの懸賞として登場した。
    応募者全員ではなく抽選プレゼントのため、大変希少なカードである。
    その後は市販されておらず、今ではバンダイ版の《聖なるバリア −ミラーフォース−》の存在を知らない者は多い。
    後に、《光の護封剣》《ゲート・ガーディアン》も抽選でプレゼントされた。
  • COSMO BLAZER発売日に新聞に掲載された、OCGの広告に用いられているカードの1枚。
    この広告では最初期から現在に至るまでの、それぞれの世代を代表するカードが世界各国の言語別に掲載されている。
    ただ、このカードは初期のカードとしてだけでなく、罠カード代表としても掲載されたのだろう。
    ちなみに、掲載されたこのカードはポルトガル語版なのだが、ポルトガル語版の発売は2013年であり、広告掲載時点では実物はまだ存在しなかった。
  • アニメGXの「十代vsタイタン」戦において十代が使用。
    尚、当時このカード禁止カード(アニメ制作が制限改訂をまたいだことを考慮しても制限カード)のはずだが、彼の最初の手札にはこのカードが「2枚」確認できる。
    (DVD版でもそのままであり、後の話の流れでは《悪夢の蜃気楼》に差し替えられている)
    また、第179話で確認できる武藤遊戯のデッキ(レプリカ)のカードの中にこのカードがあり、最終話の「十代vs遊戯」戦においても実際に遊戯が使用している。
  • アニメ5D'sでは「遊星vs氷室」戦において氷室が、「クロウvsレオ」戦ではクロウがセットしている。
    前者では発動機会が訪れず、後者ではクロウ自身の意図により、どちらも最後まで発動されなかった。
    また、「遊星vsボマー」戦で氷室は、遊星が《ジャイアント・ボマー・エアレイド》破壊効果を使わせた後にセットしたカードに対して、「あのカードはミラーフォースのような逆転のカード」と予想した(実際は違ったが)。
    あちらの世界でも、攻撃反応型の罠カードの代名詞的カードなのだろう。
    レクスのデッキ、セキュリティ隊員の風馬のデッキ、アキと同じ病院に入院中のハルカが落としたカードの中にも確認できる。
    レクスの場合、敗北直後のデュエルディスクからこのカード《天罰》《神の宣告》が落ちてきて、それを見た対戦者のルドガーが「お前わざと!」と発言していることから、プレイ可能な状況であえて発動されなかった可能性が高い。
    セキュリティの詰めデュエルにも登場した。
    最初に挑戦したクロウがこのカードに引っかかり、それを見ていたはずのジャックも引っかかってしまった。
    この時、クロウがこのカードを「ミラフォ」と呼んでいた事から、この略称は公式にも認知されているようだ。
    WRGPのポスターでは、《ドラグニティ−ブラックスピア》の足元にも描かれている。
  • 「遊星vsゴースト」戦において、ゴーストが使用した罠カード《トラップ・リサイクル》のイラストに描かれている。
  • アニメZEXALでは、凌牙の回想シーンにおいて、対戦相手のIVのデッキに投入されていた。
    凌牙は相手がセットしたカードをこのカードだと見て作戦を練ったが、正体が明かされる前に失格となってしまった。
    後にIVが、挑発のために凌牙にこのカードを投げつけている。
    「凌牙vs璃緒」戦での凌牙の回想シーンにおいて、璃緒のデッキにあることが確認できる。
    また、「遊馬vs六十郎」(2戦目)にて、六十郎が使用した。
    オーバーキルを狙った遊馬の《ガガガガール》攻撃に対して発動し、遊馬のモンスター5体を破壊した。
    また、オボミが取り出したデッキの中にも確認できる。
    チャーリーによって吹き飛ばされたカードの1種類でもある。
  • 「アストラルvsカイト」戦において、カイトが使用した魔法カード《フォトン・ハリケーン》のイラストに描かれている。
  • 漫画5D'sでは、「クロウvs氷室」戦において、上記の発言の縁もあってか氷室が使用した。
    だが、クロウの魔法カード《ブラック・サイクロン》に発動効果無効にされた。
  • 強力なカードである故に、作中での発動及び成功率はかなり低い。
    また、最近は「敵の使うこのカードをいかにして攻略するか」で見せ場を作っている傾向が強く、数あるカードの中でもトップクラスの「かませカード」となっている。
    「闇遊戯vsパンドラ」戦では《封魔の矢》で対策されているが、何故か《悪夢の十字架》を発動した直後の直接攻撃発動しなかった。
    逆に、効果発動される場合は、相手を諌める意味で発動される場合も多い。
  • アニメ5作品のデュエル全てに登場した数少ないカードの1つであり、遊戯王の象徴の1つと言える。

関連カード

―《聖なるバリア −ミラーフォース−》が見られるカード

収録パック等


Tag: 《聖なるバリア −ミラーフォース−》 通常罠

広告