聖騎士(せいきし)コルネウス/Noble Knight Custennin》

効果モンスター
星4/光属性/戦士族/攻1000/守2000
このカード名の(1)の方法による特殊召喚は1ターンに1度しかできない。
(1):自分フィールドに「聖剣」装備魔法カードが存在する場合、このカードは手札から特殊召喚できる。
(2):フィールドのこのカードを素材としてS・X・リンク召喚した「聖騎士」モンスターは以下の効果を得る。
●この特殊召喚に成功した場合に発動できる。
このターン、自分は通常召喚に加えて1度だけ、
自分メインフェイズにモンスター1体を召喚できる。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分は「聖騎士」モンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。

 EXTRA PACK 2019で登場した光属性戦士族下級モンスター
 聖剣装備魔法コントロールしている時に手札から自身を特殊召喚できる召喚ルール効果聖騎士モンスターシンクロ素材エクシーズ素材リンク素材となった時にそのモンスターへ「特殊召喚に成功したターンメインフェイズに任意のモンスター手札から召喚できる」誘発効果を付与するルール効果を持つ。

 自己特殊召喚【聖騎士】ならば非常に緩い条件として容易に満たすことができる。
 打点としては期待できないので、もう一つの効果を目当てに採用する事となるだろう。

 素材となった際にモンスターへ付与する効果は、特殊召喚したターンのみの召喚権の追加。
 召喚であるため《聖騎士の三兄弟》発動条件を満たすことができる。
 ただし、エクストラデッキから聖騎士以外のモンスター特殊召喚できなくなるデメリットがある。
 《聖騎士の三兄弟》と似通ったデメリット(こちらの方がむしろ緩い)であり、併用するならばあまり気にしなくともよいかもしれない。

 なお、エクストラデッキからの展開に制限はかかるが、召喚するモンスターには制限は無い。
 《湖の乙女ヴィヴィアン》召喚時の蘇生効果を持つチューナーであり、素材として墓地へ送られた聖騎士通常モンスター蘇生する事で更なる展開が可能となる。
 《伝説の預言者マーリン》召喚してリリースする事で任意の聖騎士リクルートするのも良いだろう。

  • モチーフは、6世紀にイングランド南西部を治めていた王「コンスタンティン3世」か。
    ウェールズ語では「コーンウォールのコンスタンティン」を意味する「キステニン・コルネイ(Custennin Corneu)」と表記される。
    実在の人物ではあるが、後にアーサー王伝説に登場する人物となった。
    作中における彼の立ち位置は、アーサー王の後継者にしてブリテンを統治する王である。
    • OCGでのカード名は「コンスタンティン」や「キステニン」ではなく「コルネウス」である。
      コルネウスの名はアーサー王付きの執事であるルーカンの父親として登場するが、コンスタンティンとは関係がない。
      おそらく、キステニン・コルネイのコルネイから取ったものだと思われる。

関連カード

―《聖騎士コルネウス》の姿が見られるカード

収録パック等


Tag: 《聖騎士コルネウス》 効果モンスター モンスター 星4 光属性 戦士族 攻1000 守2000 聖騎士

広告