聖剣(せいけん)アロンダイト/Noble Arms - Arfeudutyr》

装備魔法
戦士族モンスターにのみ装備可能。
1ターンに1度、装備モンスターの攻撃力を500ポイントダウンし、
相手フィールド上にセットされたカード1枚を選択して破壊できる。
フィールド上に表側表示で存在するこのカードが破壊され墓地へ送られた場合、
自分フィールド上の「聖騎士」と名のついた
戦士族モンスター1体を選択してこのカードを装備できる。
「聖剣アロンダイト」のこの効果は1ターンに1度しか使用できない。
また、「聖剣アロンダイト」は自分フィールド上に1枚しか表側表示で存在できない。

 EXTRA PACK −SWORD OF KNIGHTS−で登場した装備魔法
 聖剣の共通効果に加え、装備モンスター攻撃力500と引き換えにセットされたカード破壊する効果を持つ。

 メインとなる伏せ除去効果は、一切のカード消費なしに行うことができる。
 魔法・罠カードのみならず裏側表示モンスター破壊できるため、《ライトロード・ハンター ライコウ》などの厄介なリバース効果モンスターなどにも適切に応じる事ができる。
 装備モンスター攻撃力は500ポイントダウンしてしまうが、装備モンスターシンクロ素材エクシーズ素材にするなら問題ない。
 聖剣の共通効果で、【聖騎士】なら何度でも効果の発動が見込める。
 《ギガンテック・ファイター》とは非常に相性がよく、この効果によって安全に攻撃を通すことができ、戦闘破壊されても実質ステータスリセットされる。

 また、伏せ除去相手モンスターに装備した場合でも発動できる。
 当然相手戦士族を使っているのが前提だが、成功すれば《奈落の落とし穴》等の召喚反応罠カード除去しつつ弱体化も狙えるため、覚えておきたい。

  • 「アロンダイト(Aroundight)」とは、ランスロットが所持したとされる剣である。
    効果に反して、刃毀れしないと言われている。
  • ランスロットガウェイン弟たちを斬り殺してしまったことでアロンダイトは魔剣に堕ちてしまったのだという。
    刃毀れをしない事で有名なアロンダイトが攻撃力を下がらせてしまうのは、そういった魔剣としての特性を再現しているからなのかもしれない。
  • ちなみに、『アーサー王の死』等の主要なアーサー王伝説の物語には登場しない剣である。
    14世紀初頭の『ハンプトンのビーヴェス卿(英語版)』の異本の中で、アロンダイトは元々ランスロットの剣であったと語られる程度であった。
    19〜20世紀頃に出典が定かでないにも関わらず、様々な書籍で「アロンダイトはランスロットの剣である」と掲載された為、そういった認識が広まったようだ。
  • 元々は、海外版Abyss Risingで追加された10種の海外新規カードの内の1枚である。

関連カード

―《聖剣アロンダイト》が見られるカード

収録パック等

FAQ

Q:このカード相手フィールド上の戦士族モンスターに装備し、セットカード破壊効果を使用できますか?
A:はい、できます。(13/05/18)

Q:破壊効果セットカードチェーン発動された場合、破壊はできませんが攻撃力はダウンしますか?
A:はい、破壊できませんがダウンします。(13/10/17)

Q:破壊効果の処理時に装備モンスターが他のカードの効果攻撃力が500未満になった場合、破壊する効果適用されますか?
A:その場合、装備モンスター攻撃力はダウンせず、破壊する効果適用されません。(13/10/25)

Q:《あまのじゃくの呪い》効果適用されている時に破壊する効果解決時に装備モンスター攻撃力がダウンする代わりにアップした場合、セットされたカード破壊する処理は行われますか?
A:いいえ、このカード効果攻撃力がダウンする処理ができなかった場合、破壊する処理は行われません。(14/10/25)


Tag: 《聖剣アロンダイト》 魔法 装備魔法 聖剣

広告