聖刻神龍(せいこくしんりゅう)−エネアード/Hieratic Sun Dragon Overlord of Heliopolis》

エクシーズ・効果モンスター
ランク8/光属性/ドラゴン族/攻3000/守2400
レベル8モンスター×2
1ターンに1度、このカードのエクシーズ素材を1つ取り除いて発動できる。
自分の手札・フィールド上のモンスターを任意の数だけリリースし、
リリースしたモンスターの数だけフィールド上のカードを破壊する。

 GALACTIC OVERLORDで登場した光属性ドラゴン族エクシーズモンスター
 エクシーズ素材を取り除く事で、手札フィールドからモンスターリリースし、その数だけカード破壊する起動効果を持つ。

 最上級モンスターエクシーズ素材に指定するランク8だが、レベル以外の指定はない。
 【暗黒界】における《暗黒界の龍神 グラファ》等、レベル8を容易に特殊召喚できるデッキなら採用しやすい。
 【聖刻】においては、《神龍の聖刻印》等を容易に展開できる事から、比較的楽にエクシーズ召喚が可能。

 カードの種類表示形式を問わず、任意の枚数を破壊できるという、極めて高い除去能力を持つカード
 除去枚数に上限がないので、リリースさえ確保できれば相手フィールドを空っぽにできる。
 対象をとらない効果なので、サクリファイス・エスケープで回避されにくく、《オベリスクの巨神兵》を始めとした対象をとる効果への耐性を持つモンスターも問題なく破壊できる。
 また、自分カード破壊できるため、破壊トリガーとするモンスターとの併用も考えられる。

 ただし、除去を行うにはリリースが必要であり、エクシーズ召喚でのカード消費に更に消費を強いてくるのが辛いところ。
 とはいえ、ランク8を使うようなデッキはそもそも最上級モンスター手札に貯まる手札事故が起こりがちであり、手札リリースできるこのカードは腐った最上級モンスターの処理手段と見ることもできる。
 また、基本的にこの効果1:1交換でしかないため、単純に使用してもアドバンテージを得られる訳ではない。

 墓地で効力を持つモンスターや、リリースされる事で効果発動するモンスターと併用すれば、より効果的になる。
 手札からのリリースにも対応する《超再生能力》で損失を補うのも良いだろう。
 特に聖刻モンスターリリーストリガー通常モンスターを呼び出せるため、【聖刻】では魔法・罠カード除去しつつ安全に展開を行える攻防一体のカードとして扱える。
 更なるエクシーズ召喚に繋げられる可能性もあるが、このカード特殊召喚している時点で聖刻を消費している場合も多く、思うように発動するのは難しい。
 構築次第だが、通常は《聖刻龍王−アトゥムス》より意識的に優先してしまうと安定度が下がる。

 総じて、ランク8屈指の除去能力を持つ一方、状況の慎重な見極めを要求されるモンスターである。
 大きなカード消費を伴うからには一気に勝負を決めに行く、往年の《氷結界の龍 ブリューナク》のような扱いを行うのが望ましい。
 ランク8を使うデッキ除去能力が欲しい場合は、優先的に採用できるだろう。

  • 「エネアード(エネアド/Ennead)」とは、ギリシア語で9を意味する言葉で、エジプト神話のヘリオポリス創世神話に関わる九柱の神と女神を示す。
    アトゥムシューテフヌトゲブヌトオシリスイシスセトネフティスの九柱であるとされている。
    ただし、時代等によってはラーホルス等他の神と一部が入れ替えられる事もあった。
    英語名では「Heliopolis(ヘリオポリス)」の名称が使われている。

関連カード

―《聖刻神龍−エネアード》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:対象をとる効果ですか?
A:いいえ、対象をとらない効果です。(12/02/18)

Q:リリースコストですか?
A:いいえ、効果です。(12/02/23)

Q:リリース破壊は同時に処理する扱いですか?
A:いいえ、リリース後に破壊の処理を行います。(12/02/18)

Q:このカード効果で自身をリリースできますか?
A:はい、できます。(12/02/23)

Q:手札またはフィールド上のどちらか片方のみからでもリリースできますか?
A:はい、できます。(12/02/23)


Tag: 《聖刻神龍−エネアード》 エクシーズモンスター 効果モンスター モンスター ランク8 光属性 ドラゴン族 攻3000 守2400 聖刻

広告