聖刻龍王(せいこくりゅうおう)−アトゥムス/Hieratic Dragon King of Atum》

エクシーズ・効果モンスター
ランク6/光属性/ドラゴン族/攻2400/守2100
ドラゴン族レベル6モンスター×2
1ターンに1度、このカードのエクシーズ素材を1つ取り除く事で、
デッキからドラゴン族モンスター1体を選び、
攻撃力・守備力を0にして特殊召喚する。
この効果を発動するターン、このカードは攻撃できない。

 GALACTIC OVERLORDで登場した光属性ドラゴン族エクシーズモンスター
 ドラゴン族モンスターリクルートする起動効果を持つ。

 エクシーズ素材にはドラゴン族が指定されているが、《ライトパルサー・ドラゴン》《聖刻龍−トフェニドラゴン》等の特殊召喚可能なモンスターを活用すればよい。
 【聖刻】では、各種聖刻効果《エレキテルドラゴン》などの通常モンスター特殊召喚することで容易に準備を整えられる。

 デッキからドラゴン族リクルートする効果は、種族以外の縛りがなく、対応範囲が非常に広い。
 ステータスが0になるが効果無効にならないため、基本的には展開力を重視して《レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン》リクルートすることになるだろう。
 無論、チューナーや他のエクシーズ素材の調達を行うのもよいが、《レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン》経由の展開と比較すると、効率がかなり悪くなるのは否めない。
 ただし《銀河眼の光子竜》は自身でステータスリセットできるためそこそこ相性が良い。

 効果使用すると攻撃できないデメリットがあり、エクシーズ素材とする2体で攻撃した後でエクシーズ召喚するのも手である。
 もしくは《迅雷の騎士ガイアドラグーン》を用いる事で攻撃力を増強しつつデメリットを無視できる。
 その場合、次のターンリクルートはできなくなるが、出したターン1ターンキルできれば何の問題もない。
 《RUM−アストラル・フォース》でも同様の事が可能で、特に《サンダーエンド・ドラゴン》とのコンボが強力。
 あらかじめ《ライトパルサー・ドラゴン》《レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン》のうち片方をフィールド墓地に、もう片方をこのカードリクルートしておく。
 次に《RUM−アストラル・フォース》発動し、このカードの上に《サンダーエンド・ドラゴン》特殊召喚する。
 その効果《ライトパルサー・ドラゴン》を巻き込んで破壊し、蘇生された《レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン》《ライトパルサー・ドラゴン》蘇生すれば、他のモンスターを一掃しつつ合計攻撃力が8300に達し1ターンキルとなる。
 手札事故の恐れもあるが、見返りとしては十分だろう。

  • 「アトゥム(Atum)」とはエジプトの九柱神エネアドの一人であり、エジプト神話における創造神である。
    シュウテフヌトの親にあたり、後の時代にはラーと融合し「ラー・アトゥム」とも呼ばれた。
    文献によっては「アテム」等と呼ばれる場合もあるが、原作の闇遊戯の正体・古代エジプトの王「アテム」のモチーフは「アテン神」であり、直接の関係はない。
  • 原作・アニメにおいて―
    アニメZEXALII(セカンド)の「ナッシュvsベクター」戦においてベクターが使用した通常罠《エクシーズ・ディスチャージ》のイラストに描かれている。

関連カード

―《聖刻龍王−アトゥムス》の姿が見られるカード

エクシーズ素材にできるレベル6のドラゴン族モンスター

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:この効果で、相手デッキからドラゴン族特殊召喚できますか?
A:いいえ、できません。(12/02/19)

Q:《山》適用中に《青眼の白龍》特殊召喚した場合、《青眼の白龍》攻撃力守備力はどうなりますか?
A:攻200/守200となります。(12/08/18)

Q:このカード効果特殊召喚された《青眼の白龍》《収縮》発動した場合、攻撃力はどうなりますか?
A:攻撃力は1500となります。なお、エンドフェイズより後は3000となります。(12/08/18)

Q:このカード効果特殊召喚された《クリアー・バイス・ドラゴン》相手モンスター攻撃した場合、攻撃力はどうなりますか?
A:0のままで、数値は変動しません。(12/08/18)

Q:このカード効果特殊召喚された《龍脈に棲む者》は、自身の永続効果攻撃力はアップしますか?
A:はい、アップします。(12/10/12)

Q:このカード効果特殊召喚された《ホワイト・ホーンズ・ドラゴン》は、自身の誘発効果発動攻撃力をアップできますか?
A:はい、できます。(12/10/12)

広告