聖占術姫(せいせんじゅつき)タロットレイ/Prediction Princess Tarotrei》

儀式・効果モンスター
星9/光属性/天使族/攻2700/守1200
「聖占術の儀式」により降臨。
「聖占術姫タロットレイ」の(1)(2)の効果は1ターンに1度、
いずれか1つしか使用できず、相手ターンでも発動できる。
(1):フィールドの裏側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを表側攻撃表示にする。
(2):フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを裏側守備表示にする。
(3):自分エンドフェイズに発動できる。
自分の手札・墓地のリバースモンスター1体を選んで裏側守備表示で特殊召喚する。

 コレクターズパック−運命の決闘者編−で登場した光属性天使族儀式モンスター
 セットモンスター1体を表側攻撃表示にする誘発即時効果表側表示モンスター1体を裏側守備表示にする誘発即時効果リバースモンスター裏側守備表示特殊召喚する誘発効果を持つ。

 (1)と(2)の2つの効果により、自分フィールドモンスターリバースした時の効果を繰り返し使う事ができる。
 《メタモルポット》《ペンギン・ソルジャー》などの効果を繰り返し利用すれば大きなアドバンテージを得られる。
 そのために必要なリバースモンスターも(3)の効果で用意できるので難しくない。

 また、相手モンスター表示形式も変更できるので、厄介な永続効果封じや戦闘補助にも利用可能。
 このカード自身を裏側守備表示にすれば、《奈落の落とし穴》《次元幽閉》を回避することもできる。
 その他の(1)(2)の効果の有効的な用法は《太陽の書》および《月の書》を参考。

 ただしレベル9の儀式モンスターであるため、儀式召喚がやや難しく、カードの消費も多くなりやすい。
 儀式召喚を補助する《高等儀式術》儀式魔人等とリバースモンスターとのシナジーがイマイチなのも気になるところ。
 《禁忌の壺》レベル9のリバースモンスターなので、リリースに向く。
 その後は(3)の効果蘇生し、(1)の効果で好きなタイミングでリバースさせることで効果発動できる。
 それ以外では、リバースモンスターリリース時に効果発動できるシャドールも有力。
 特に《シャドール・ビースト》レベル5なので、《マンジュ・ゴッド》等と合わせて消費を最小限に抑えられる。
 更に《影依の原核》なら1枚でレベルが足りる上に墓地へ送られた場合にシャドール魔法・罠カードサルベージできる。
 しかし、今のところランク9のエクシーズモンスター効果ではなくコストエクシーズ素材を取り除くので、サルベージ効果とは若干噛み合わせが悪い。

 自身を裏側守備表示にもできる都合上、《限定解除》とも相性が良く、エンドフェイズ時の自壊を回避できる。
 自壊する前に(3)の効果リバースモンスター特殊召喚してから裏側守備表示にすれば《黒猫の睨み》発動条件も満たせる。
 《青天の霹靂》も同様にデメリットを回避でき、こちらの場合は自分エンドフェイズ蘇生はできないが、ライフコストがない。

  • 儀式召喚時の口上は「全てを見通す太古の巫女よ。古の秘術によりて今よみがえれ!儀式召喚レベル9!《聖占術姫タロットレイ》!」。
  • 劇中では攻撃力2600として登場し、ダメージ計算もそれに基づいてデュエルが進行していた。
    しかしアニメ本編及び公式ホームページで確認されるカード画像にはOCGと同じ攻撃力2700と明記されており、制作段階のミスだと思われる。
  • 上述の通りこのカード自分ターン効果を使用した場合攻撃できず、ミエルも実際に攻撃していない。
    しかし対戦相手の遊矢や観戦していた子供たちは効果を知らなかったのか、このカード攻撃してこないことを不思議に感じていたり、直接攻撃された際の対処法を考慮する描写がある。
    相手カードの効果を知らないことは多々あるが、最後まで勘違いしたままというのは前代未聞である。
  • 上記の攻撃力の件も含めると、製作段階の時点で何らかの取り違いがあった可能性も考えられる。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《聖占術姫タロットレイ》 モンスター 儀式モンスター 効果モンスター 星9 光属性 天使族 攻2700 守1200 占術姫

広告