青眼の光龍(ブルーアイズ・シャイニングドラゴン)/Blue-Eyes Shining Dragon》

特殊召喚・効果モンスター
星10/光属性/ドラゴン族/攻3000/守2500
このカードは通常召喚できない。
自分フィールドの「青眼の究極竜」1体をリリースした場合のみ特殊召喚できる。
(1):このカードの攻撃力は、自分の墓地のドラゴン族モンスターの数×300アップする。
(2):このカードを対象とする魔法・罠・モンスターの効果が発動した時に発動できる。
その効果を無効にする。

 ザ・ヴァリュアブル・ブック7 付属カードで登場した光属性ドラゴン族特殊召喚モンスター
 墓地ドラゴン族に比例して自己強化する永続効果と、このカード対象にする効果無効にする誘発即時効果を持つ。

 3体の融合素材が必要な《青眼の究極竜》リリース召喚条件とし、他のカードの効果による特殊召喚も不可能。
 単純な性能で見ても、後に登場した《ブルーアイズ・カオス・MAX・ドラゴン》に及ばない。
 それでもこのカードを出したいのであれば、手札への確保と召喚条件となる《青眼の究極竜》をいかに用意するかを考える必要がある。

 このカードサーチする手段としては【青眼の白龍】で使用される各種サポートカードが有用で、《ドラゴン・目覚めの旋律》《ビンゴマシーンGO!GO!》などが対応する。
 《青眼の究極竜》を用意する手段については、正規の融合召喚では消費が大きすぎるのでエクストラデッキから直接特殊召喚するカードを利用したい。
 消費や手間を考慮すると《覇王門零》が比較的使いやすいか。

 また、《青眼の究極竜》カード名コピーするのも有効。
 《WW−クリスタル・ベル》なら《轟雷帝ザボルグ》《WW−ウィンター・ベル》2体と《捕食植物キメラフレシア》墓地へ送ることで《ミラクルシンクロフュージョン》融合召喚できる。
 さらにその際、《青眼の究極竜》墓地に置くことでコピーできる他、ドラゴン族モンスター墓地へ送ることでこのカード強化に貢献できる。
 《覇王眷竜スターヴ・ヴェノム》なら、自身がドラゴン族なのでリリースすれば強化に貢献できる。

 (1)は、自分墓地ドラゴン族の数に応じて自己強化する永続効果
 墓地の状況次第では凄まじい攻撃力が得られるが、5体以上ドラゴン族が存在しなければ《青眼の究極竜》よりも攻撃力が低くなる。
 特に、融合素材除外してしまう《龍の鏡》等を使用する場合には、《青眼の白龍》以外のドラゴン族墓地へ送ることのできるような構築にしたい。

 (2)の効果は、自身を対象にとる効果無効にする耐性
 この手の耐性にしては珍しく誘発即時効果のため、永続効果耐性を持っているモンスターよりも弱点が多く、カウンター罠などで無効にされるとそのまま破壊されてしまう。
 発動無効にする効果ではないためにダメージステップでの発動は不可能で、コンバットトリックリバースモンスターには対応できない。
 また、対象をとる(指定する)効果に対して直接この効果チェーンする必要があるので、別のカードを先にチェーンされてしまった場合は、効果無効にできない。
 もちろん、《激流葬》等の対象をとらない除去にも無防備であるため、耐性としてはあまり信用できないと言える。
 そもそも《青眼の究極竜》の段階で除去カードを使用されてしまう事も多く、《禁じられた聖槍》等で防げなければ、このカード手札腐ってしまう。

 最大の問題点は《青眼の究極竜》と同一の融合素材融合召喚できる《青眼の究極亜竜》の存在である。
 メインデッキにこのカードを入れなくてもこのカード以上の耐性が得られ、除去効果まで持つために性能とデッキ構築の両面で立場が苦しい。
 《青眼の究極竜》自体も効果モンスター以外のモンスターという点を活かした運用が主流であるため、このカードの出番を作りにくいのが実情である。

  • 当時の『Vジャンプ』によれば、原作者の高橋和希氏がデザインしたモンスターであるとの事。
  • 劇場版での効果は以下の通り。
    日本版ではOCGカードが使われていたが、レアリティノーマルとなっている。
    効果モンスター 
    星10/光属性/ドラゴン族/攻3000/守2500 
    このカードは通常召喚できない。
    自分フィールド上に存在する「青眼の究極竜」1体を生け贄に捧げて特殊召喚する。 
    このカードの攻撃力は、自分の墓地に存在するドラゴン族モンスター
    1体につき300ポイントアップする。 
    このカードが受ける魔法・罠・効果モンスターの効果を、
    このカードに対してのみ無効にする事ができる。 
    また、このカードを生け贄に捧げる事で、
    フィールド上に存在するカードを1枚破壊しなければならない。
    この効果は相手ターンでも発動する事ができる。
  • 小説版では遊戯による「シャイニング・ノヴァ」発動後、カードごと光となって消滅したことがエピローグで語られている。
  • 無効効果について、当時としては任意で無効にできる効果が珍しかったせいか、海馬は作中でやたら任意効果という点を強調していた。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:(2)の効果は、《ライトニング・ボルテックス》の様に、全体に対する効果《死者への手向け》の様な単体に対する効果のどちらも無効にできますか?
A:いいえ、対象をとる効果のみ無効にします。

Q:(2)の効果ダメージステップ発動できますか?
A:いいえ、発動できません。(14/03/21)


Tag: 《青眼の光龍》 特殊召喚モンスター 効果モンスター モンスター 星10 光属性 ドラゴン族 攻3000 守2500 ブルーアイズ 正規の方法以外での特殊召喚不可

広告