青眼の光龍(ブルーアイズ・シャイニングドラゴン)/Blue-Eyes Shining Dragon》

特殊召喚・効果モンスター
星10/光属性/ドラゴン族/攻3000/守2500
このカードは通常召喚できない。
自分フィールドの「青眼の究極竜」1体をリリースした場合のみ特殊召喚できる。
(1):このカードの攻撃力は、自分の墓地のドラゴン族モンスターの数×300アップする。
(2):このカードを対象とする魔法・罠・モンスターの効果が発動した時に発動できる。
その効果を無効にする。

 ザ・ヴァリュアブル・ブック7 付属カードで登場した光属性ドラゴン族特殊召喚モンスター
 墓地ドラゴン族に比例して自己強化する永続効果と、このカード対象にする効果無効にする誘発即時効果を持つ。

 3体の融合素材が必要な《青眼の究極竜》リリース召喚条件とし、他のカードの効果による特殊召喚も不可能なため、活躍させるには専用デッキを作る必要がある。
 召喚条件を満たすためには、《龍の鏡》《幻想召喚師》《デビル・フランケン》《チェーン・マテリアル》等を用いて、可能な限り負担を軽減したい。
 《青眼の究極竜》特殊召喚を狙う他に、カード名をコピーする効果を併用する手もある。
 《WW−クリスタル・ベル》なら《轟雷帝ザボルグ》《WW−ウィンター・ベル》2体と《捕食植物キメラフレシア》墓地へ送ることで《ミラクルシンクロフュージョン》融合召喚できる。
 さらにその際、《青眼の究極竜》墓地に置くことでコピーできる他、ドラゴン族モンスター墓地へ送ることでこのカード強化に貢献できる。

 《ドラゴン・目覚めの旋律》《青き眼の巫女》《エクリプス・ワイバーン》によるサーチ《太古の白石》によるサルベージが可能である。
 《青眼の亜白龍》の登場で、《青眼の究極竜》融合召喚も多少ハードルが下がっており、対象を取る効果が増えた事も間接的な強化に繋がっている。
 とは言え、《青眼の白龍》に比べ《青眼の究極竜》蘇生手段は相当に限られるので、フィールドに用意できる機会自体多くはなく、現状でもかなり重いのは否めない。
 加えて、このカードを凌駕する耐性と高い火力を備えた儀式モンスター《ブルーアイズ・カオス・MAX・ドラゴン》の登場も逆風である。

 (1)の効果は、自分墓地ドラゴン族の数に応じて自己強化する永続効果
 墓地の状況次第では凄まじい攻撃力が得られるが、5体以上ドラゴン族が存在しなければ、《青眼の究極竜》よりも攻撃力が低くなる。
 特に、融合素材除外してしまう《龍の鏡》等を使用する場合には、《青眼の白龍》以外のドラゴン族墓地へ送ることのできるような構築にしたい。

 (2)の効果は、自身を対象にとる効果無効にする耐性
 魔法モンスター効果の全てに対応しており、《鳥銃士カステル》《No.101 S・H・Ark Knight》による単体除去や、《No.11 ビッグ・アイ》によるコントロール奪取を防げる。
 高い攻撃力も相俟って一定の抑止力は期待できるものの、穴が多く、召喚条件に見合っているとは言い難い。
 発動無効にする効果ではないためにダメージステップでの発動は不可能で、コンバットトリックリバースモンスターには対応できない。
 また、対象をとる(指定する)効果に対して直接この効果チェーンする必要があるので、別のカードを先にチェーンされてしまった場合は、効果無効にできない。

 他方、《激流葬》等の全体除去や、《奈落の落とし穴》《氷結界の龍 トリシューラ》等の対象をとらない除去に対しては、全くの無防備である。
 また当然のことながら、《神の宣告》《神の警告》《神の通告》をはじめとするカウンター罠にも無力であり、メジャーな除去カードにはほぼ対応できないと言ってよい。
 そもそも《青眼の究極竜》の段階で除去カードを使用されてしまう事も多く、《禁じられた聖槍》等で防げなければ、このカード手札腐ってしまう。

 このように重いだけでなく、耐性も限定的であるため、伏せ除去を行うなど、出来る限り準備を整えた上で特殊召喚するのが望ましい。
 《復活の福音》《神縛りの塚》によって、《青眼の究極竜》共々耐性を補強するのも良いだろう。
 また、無効効果任意効果であり、自分対象をとる効果を受けられる点を利用して、《閃こう竜 スターダスト》等でより強固にすることもできる。

  • 当時の『Vジャンプ』によれば、原作者の高橋和希氏がデザインしたモンスターであるとの事。
  • 劇場版での効果は以下の通り。
    日本版ではOCGカードが使われていたが、レアリティNormalとなっている。
    効果モンスター 
    星10/光属性/ドラゴン族/攻3000/守2500 
    このカードは通常召喚できない。
    自分フィールド上に存在する「青眼の究極竜」1体を生け贄に捧げて特殊召喚する。 
    このカードの攻撃力は、自分の墓地に存在するドラゴン族モンスター1体につき300ポイントアップする。 
    このカードが受ける魔法・罠・効果モンスターの効果を、このカードに対してのみ無効にする事ができる。 
    また、このカードを生け贄に捧げる事で、フィールド上に存在するカードを1枚破壊しなければならない。
    この効果は相手ターンでも発動する事ができる。
  • 無効効果について、当時としては任意で無効にできる効果が珍しかったせいか、海馬は作中でやたら任意効果という点を強調していた。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:「このカード対象にする魔法モンスターの効果無効にする事ができる」という効果は、《ライトニング・ボルテックス》の様に、全体に対する効果《死者への手向け》の様な単体に対する効果のどちらも無効にできますか?
A:いいえ、対象をとる効果のみ無効にします。

Q:「このカード対象にする魔法モンスターの効果無効にする事ができる」という効果を、ダメージステップ発動できますか?
A:いいえ、発動できません。(14/03/21)


Tag: 《青眼の光龍》 特殊召喚モンスター 効果モンスター モンスター 星10 光属性 ドラゴン族 攻3000 守2500 ブルーアイズ 正規の方法以外での特殊召喚不可

広告