赤蟻(あかあり)アスカトル/Fire Ant Ascator》

チューナー(効果モンスター)
星3/地属性/昆虫族/攻 700/守1300
このカードが戦闘によって破壊され墓地へ送られた時、
自分の墓地のレベル5モンスター1体を選択して特殊召喚できる。
この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化され、
そのターンのエンドフェイズ時に墓地へ送られる。

 ABSOLUTE POWERFORCEで登場した地属性昆虫族下級モンスターチューナー
 墓地からレベル5のモンスター特殊召喚する誘発効果を持つ。

 戦闘破壊されるとレベルモンスター蘇生できるが、1ターン限りであり、効果も使用できない。
 相手ターンにおいてはにしかならず、自分ターンでもシンクロ召喚に繋ぐのは難しい。
 レベルモンスターを単純にアタッカーとして用いるとしても、1ターン限りなら他に適したモンスターが存在する。
 ただし、《ギガストーン・オメガ》蘇生すれば自壊時に魔法・罠除去効果発動するため、相性が良い。

 やはり、基本的には《太陽龍インティ》の専用チューナーとして運用するのが好ましい。
 《バイス・ドラゴン》《太陽の神官》特殊召喚から繋げば、即座にシンクロ召喚ができる。
 また《太陽の神官》破壊され墓地へ送られた時にこのカードサーチできるため、特に相性が良い。
 このカード自爆特攻して《太陽の神官》蘇生し、《奇跡の残照》でこのカード蘇生しても良い。
 《リミット・リバース》の場合、自爆特攻せずに《太陽の神官》蘇生した方がよい。

 数少ない昆虫族チューナーである。
 ただし同レベル・同属性昆虫族チューナーには《ナチュル・バタフライ》が存在し、ステータスでわずかにこちらが上回る点を除いては単体での性能面ではあちらに分がある。
 《プリミティブ・バタフライ》など、蘇生対象となる昆虫族モンスターを多く採用するタイプの【昆虫族】ならば、このカードを優先しても構わないだろう。

  • 英語名の「Fire Ant(ファイアーアント)」とは、中南米に生息する蟻の種類である。
    赤い種もおり、日本語では「ヒアリ」と呼ばれ、特定外来生物にも指定されている。
    近年、獰猛な有毒種がアメリカに進出し問題となった他、2017年5月には日本にも上陸している。
  • 「アスカトル(Azcatl)」とは、マヤ文明の神話に登場する蟻の名前である。
    アステカ神話では、神々が現在の世界に人類を創造した後、人類に食料を与える為の場所をアスカトルに案内させている。
  • アニメでは以下の効果だった。
    自分の墓地に「赤蟻アスカトル」が2枚以上存在する場合、
    そのカード全てを自分のデッキに戻してシャッフルする事ができる。
    イラストに複数体描かれているのはこの効果の名残だろうか。
    なお、作中でこの効果発動されることはなかった。
  • 「遊星vsクラーク」戦にてクラークが使用した《デカゴ・ナイト》も同じような効果を持っている。

関連カード

サポートカード

―《赤蟻アスカトル》を指定するシンクロモンスター

―《赤蟻アスカトル》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:効果分類は何ですか?
A:特殊召喚する効果誘発効果で、墓地送りの効果はその特殊召喚する効果の一連の効果処理になります。(09/11/26)

Q:エンドフェイズ墓地送りはチェーンブロックを作りますか?
A:いいえ、作られません。(09/11/26)

Q:このカードの効果《カタパルト・タートル》特殊召喚し、《カタパルト・タートル》自身をリリースして効果を発動した場合、ダメージを与える効果は適用されますか?
A:いいえ、その効果フィールド上で発動してますので効果解決時《カタパルト・タートル》表側表示で存在しない場合も効果は無効になります。(09/12/09)


Tag: 《赤蟻アスカトル》 チューナーモンスター 効果モンスター モンスター 星3 地属性 昆虫族 攻700 守1300

広告