雪花(せっか)(ひかり)/Sekka's Light》

通常魔法
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分の墓地に魔法・罠カードが存在しない場合に発動できる。
自分はデッキから2枚ドローする。
このカードの発動後、このデュエル中に自分は「雪花の光」以外の魔法・罠カードの効果を発動できない。
(2):墓地のこのカードを除外して発動できる。
手札のモンスター1体を相手に見せ、デッキに戻してシャッフルする。
その後、自分はデッキから1枚ドローする。

 FLAMES OF DESTRUCTIONで登場した通常魔法
 自分墓地魔法・罠カードが存在しない発動条件発動後に同名カード以外の魔法・罠カード効果の発動を封じることで2枚ドローできる効果墓地から自身を除外して手札交換を行う効果を持つ。

 (1)はノーコストで2枚のドローという、《強欲な壺》と同じドロー効果
 しかし、魔法・罠カード墓地に存在しないことが発動条件となっており、さらにこのデュエル同名カード以外の魔法・罠カードの使用は不可能になる。
 同名カード発動は制限していないので、(2)の除外モンスター効果によるサルベージ等を行い墓地からこのカードをどかせば、次のターン以降に再び発動できる。

 (2)は墓地の自身を除外手札交換を行う効果
 手札事故を回避しつつ、墓地のこのカードが存在しなくなる事で2枚目以降の同名カード手札からの効果を可能にできる。
 墓地へ送られたターンにも発動できるため、(1)で手札に来てほしくないモンスターを引き込んでしまった場合でも即座にデッキに戻せるのも利点。

 (1)の発動条件デメリットにより、他の魔法・罠カードを使わない【フルモンスター】(正確には【ほぼモン】)でのみ使える有力なドローソースである。
 (一応(2)は【フルモンスター】以外でも使おうと思えば使えるが、そのためだけに採用するメリットは薄いので現実的ではない。)
 手札交換のオマケつきの《強欲な壺》が3枚デッキに搭載できるのは後述のデメリットを考慮しても非常に魅力的。
 【海皇水精鱗】【彼岸】などの元々のモンスター比率が高いデッキではこのカードのためだけに【ほぼモン】を組む事すら検討できる。

 ただし、採用するにあたって相応にデメリットもある。
 まず、《星見獣ガリス》《フィッシュボーグ−プランター》などはデッキモンスター以外を採用すると効果が外れるリスクが生じる。
 また、(1)の効果使用後はペンデュラムモンスターペンデュラムゾーンへの発動も不可能になるため、有力なペンデュラム効果も見送らざるを得なくなる。
 《エキセントリック・デーモン》魔法・罠除去による《スキルドレイン》対策、《EMシール・イール》無効効果による《始祖竜ワイアーム》対策が使えなくなる事は懸念材料ではある。
 【超重武者】の場合は上記のデメリットに加え、《超重荒神スサノ−O》効果で奪った魔法・罠カード発動できず、超重武者装留装備魔法としての効果も使えなくなる。
 一応、《超重武者装留イワトオシ》《超重武者装留バスター・ガントレット》等の効果には影響が無いが、展開の要である《超重武者装留チュウサイ》が機能しなくなるのは痛いので、採用は難しいだろう。

 総じてデッキ回転力を上げて手札事故率を低下させる代わりに構築の幅を狭めるカードであるので、採用の際はデッキ調整をよく考える必要がある事は肝に銘じておきたい。
 マッチ戦で相手《スキルドレイン》《始祖竜ワイアーム》を投入しているようならば、2戦目以降はそれらへのメタカードと入れ替えても良いだろう。

関連カード

イラスト関連

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《雪花の光》 魔法 通常魔法

広告