雪花(せっか)(ひかり)

通常魔法
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分の墓地に魔法・罠カードが存在しない場合に発動できる。
自分はデッキから2枚ドローする。
このカードの発動後、このデュエル中に自分は「雪花の光」以外の魔法・罠カードの効果を発動できない。
(2):墓地のこのカードを除外して発動できる。
手札のモンスター1体を相手に見せ、デッキに戻してシャッフルする。
その後、自分はデッキから1枚ドローする。

 FLAMES OF DESTRUCTIONで登場した通常魔法
 自分墓地魔法・罠カードが存在しない発動条件発動後に同名カード以外の魔法・罠カード効果の発動を封じることで2枚ドローできる効果墓地から自身を除外して手札交換を行う効果を持つ。

 (1)はノーコストで2枚のドローという、《強欲な壺》と同じドロー効果
 しかし、魔法・罠カード墓地に存在しないことが発動条件となっており、さらにこのデュエル同名カード以外の魔法・罠カードの使用は不可能になる。
 基本的に、他の魔法・罠カードを使わない【フルモンスター】以外での使用は不可能と考えたほうが良い。

 (2)は墓地の自身を除外手札交換を行う効果
 手札事故を回避しつつ、墓地のこのカードが存在しなくなる事で2枚目以降の同名カード手札からの効果を可能にできる。
 こちらの効果は他の魔法・罠カードがあっても良いので、手札から墓地に置く手段があれば【フルモンスター】以外でも使おうと思えば使える。

 【フルモンスター】においては有力なドローソースとなる。
 手札交換のオマケつきの《強欲な壺》が3枚デッキに搭載できるのは魅力的である。
 ただし、このカードを採用した時点で完全な【フルモンスター】ではなく【ほぼモン】になるため、《星見獣ガリス》《フィッシュボーグ−プランター》効果が外れる可能性が生じるというデメリットもある。
 また、(1)の効果使用後はペンデュラムモンスターペンデュラムゾーンへの発動も不可能になるため、《エキセントリック・デーモン》魔法・罠除去効果が使えなくなるなどの弊害も生じる。
 投入にあたってはある程度の調整が必要となる。

 変わったところでは【ダイヤモンドガイ】と相性がいい。
 《D−HERO ダイヤモンドガイ》効果発動する場合は発動条件を無視でき、またカードの発動扱いではなくなるため、魔法・罠カード発動できなくなるデメリット適用されない。
 ただし、《D−HERO ダイヤモンドガイ》でも発動回数は無視できない。
 もっとも、2枚のドローを狙うなら通常の発動も可能な《強欲で貪欲な壺》の方が使い勝手は良い。

関連カード

イラスト関連

収録パック等


Tag: 《雪花の光》 魔法 通常魔法

広告