絶体絶命(ぜったいぜつめい)/Absolute End》

通常罠
相手ターンのみ発動する事ができる。
このターン相手モンスターの攻撃は、全てプレイヤーへの直接攻撃になる。

 SOUL OF THE DUELISTで登場した通常罠
 相手モンスター攻撃を全て直接攻撃にする。

 《アストラルバリア》と違いこのカードフィールド上に留まらなくてもよいので、発動を阻止されにくく、1ターンのみ効果が必要な時には有効。
 しかし《アストラルバリア》と異なり、攻撃を受けるか否かの選択は出来ない。

 モンスターを守るために発動するなら《和睦の使者》《威嚇する咆哮》の方が断然に優れている。
 ライフポイントを減らしたいなら《ハーフ・アンブレイク》がある。
 《レインボー・ライフ》と組み合わせることでモンスターを守りつつ回復できるが、2度目以降の回復は望めない。
 そもそも3枚も消費するくらいなら他の戦術を採用した方がいい。

 全ての攻撃が最初から直接攻撃となる関係上、《アストラルバリア》では不可能だった《バトルフェーダー》等の直接攻撃トリガーとするカードの発動が出来る。
 とはいえ、それらがモンスターを出してる時でも無理して発動したいカードというわけでもなく、こちらについても他の戦術で十分である。

関連カード

イラスト関連

収録パック等

FAQ

Q:自分フィールド上に《ヴォルカニック・デビル》または《E−HERO マリシャス・デビル》が存在する場合でも、相手攻撃は全て直接攻撃になりますか?
A:直接攻撃になります。(10/08/28)

Q:このカード効果《立ちはだかる強敵》《挑発》効果が同時に適用されている場合どうなりますか?
A:後から発動された方の効果が適用されます。
  チェーン発動の場合はチェーンブロックが早い方を適用します。(10/08/28)

Q:攻撃宣言時に発動した場合、その攻撃直接攻撃になりますか?
A:直接攻撃になります。
  なお、その際にバトルステップの巻き戻しは発生しません。(14/06/16)


Tag: 《絶体絶命》 通常罠

広告