先史遺産(オーパーツ)コロッサル・ヘッド/Chronomaly Colossal Head》

効果モンスター
星4/地属性/岩石族/攻 800/守1600
墓地のこのカードをゲームから除外し、
フィールド上に攻撃表示で存在するレベル3以上のモンスター1体を選択して発動できる。
選択したモンスターを表側守備表示または裏側守備表示にする。
「先史遺産コロッサル・ヘッド」の効果は1ターンに1度しか使用できない。

 RETURN OF THE DUELISTで登場した地属性岩石族下級モンスター
 自身を墓地から除外し、レベル3以上のモンスター表側守備表示または裏側守備表示にする起動効果を持つ。

 類似効果を持つ《ADチェンジャー》に比べ、対象の限定、裏側守備表示からの変更不可、同名カード発動制限などを抱えている。
 あちらは《ワン・フォー・ワン》《増援》などに対応し、シンクロ素材レベル調整としても使いやすい。

 ただしこのカードは、あちらにできなかった「裏側守備表示への変更」が可能となっている。
 《深淵の暗殺者》等のレベル3以上のリバースモンスター《スノーマンイーター》等のリバースした時に効果発動するモンスターゼンマイ等の1度しか効果発動しないモンスターなどの再利用が図れる。
 霊使い効果で得たレベル3以上のモンスターを永続奪取することもできる。
 相手モンスター永続効果を一時的にカットしたり、《エフェクト・ヴェーラー》《デモンズ・チェーン》等で自分モンスターが受けた有害な効果リセットしたりすることもでき、柔軟な運用が期待できる。
 また地属性岩石族であるため、《岩投げアタック》《砂塵の騎士》《岩投げエリア》等のカードで容易に墓地へ送ることができ、《ロストガーディアン》強化《化石岩の解放》での再利用も可能である。

  • 「コロッサル・ヘッド(英:Colossal Heads)/巨石人頭像」とは、中米のオルメカ文明が残した高さ2m・重さ10tにもおよぶ巨大な頭部だけの石像のこと。
    オルメカ文明は紀元前1200年ごろから紀元頃にかけて現在のメキシコで繁栄したアメリカ大陸最古の文明である。
    ネイティブ・アメリカンは黄色人種であるがこれらの石像には黒人系の特徴があり、古代オルメカ人がどういった人々だったのかは現在も議論の的となっている。
  • 「遊馬&カイトvsIII&IV(フォー)」戦にてIIIが使用した、魔法カード先史遺産の共鳴(オーパーツ・レゾナンス)》のイラストに描かれている。

関連カード

―《先史遺産コロッサル・ヘッド》の姿が見られるカード

収録パック等

FAQ

Q:表側守備表示裏側守備表示かを決定するのは効果発動時ですか?効果解決時ですか?
A:効果解決時に選択します。(12/04/18)


Tag: 《先史遺産コロッサル・ヘッド》 効果モンスター モンスター 星4 地属性 岩石族 攻800 守1600 先史遺産 オーパーツ

広告