先史遺産(オーパーツ)トゥスパ・ロケット/Chronomaly Tuspa Rocket》

効果モンスター
星4/地属性/岩石族/攻1000/守1000
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合、
デッキ・EXデッキから「先史遺産」モンスター1体を墓地へ送り、
フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの攻撃力はターン終了時まで、墓地へ送ったモンスターのレベルまたはランク×200ダウンする。
(2):フィールドのこのカードを素材としてX召喚した「No.」モンスターは以下の効果を得る。
●このカードは1度のバトルフェイズ中に2回までモンスターに攻撃できる。

 IGNITION ASSAULTで登場した地属性岩石族下級モンスター
 先史遺産墓地へ送ることで単体弱体化させる誘発効果、自身を使用してエクシーズ召喚したNo.モンスター2回攻撃できる永続効果を付与するルール効果を持つ。

 (1)は先史遺産墓地送り単体弱体化
 墓地先史遺産を送り込め、墓地コスト墓地効果を発揮する先史遺産効果を使える。
 特に《先史遺産ネブラ・ディスク》墓地へ送ってあちらの自己再生に繋げれば、即座にランク4やリンク2を出せる。
 ただ、《先史遺産ネブラ・ディスク》自己再生させたターンは、オーパーツ以外の効果の発動ができない。
 【先史遺産】のみで動くか、《No.41 泥睡魔獣バグースカ》等の発動を伴わないランク4を出すといい。
 《先史遺産コロッサル・ヘッド》なら墓地から除外する事であちらの表示形式変更が可能。
 その他では《先史遺産都市バビロン》《先史遺産技術》墓地コストにもなる。

 また、エクストラデッキからNo.先史遺産墓地へ送ることで、《No.6 先史遺産アトランタル》装備対象を確保できる。
 ただし、エクシーズ召喚するにはレベルが合わないため、別途ランク6のエクシーズ召喚に繋げる事のできるギミックが必要となる。

 (2)の効果エクシーズ素材にした場合のNo.への2回攻撃付与。
 (1)の効果による弱体化と合わせ、戦闘面で大きくアドバンテージを稼ぐ事が狙える。
 モンスターにしか攻撃できないため、弱体化したモンスターともう1体を攻撃する形になる。
 《H・C エクストラ・ソード》《豪腕特急トロッコロッコ》と合わせると更に攻撃的となる。

 このカード《先史遺産ネブラ・ディスク》で出せる《No.36 先史遺産−超機関フォーク=ヒューク》は抜群に相性が良い。
 このカードとあちらの効果相手モンスター2体を弱体化させつつ2回攻撃が可能になるので一気に巻き返せる。
 戦闘破壊が重要な《No.27 弩級戦艦−ドレッドノイド》除去対象を用意できる《No.103 神葬零嬢ラグナ・ゼロ》除去範囲を広げられる《No.50 ブラック・コーン号》等も相性が良い。
 ただし、《先史遺産ネブラ・ディスク》自己再生を使うとこれらのモンスター効果発動できないので、他のレベル4は用意する必要はある。
 《No.33 先史遺産−超兵器マシュ=マック》弱体化との相性は良いのだが、このカードとはレベルが合わないため、《先史遺産ゴールデン・シャトル》と並べる手間がかかる。
 《先史遺産クリスタル・ボーン》による特殊召喚なら召喚権を使わないため、並べやすくなる。

  • このカードは午後分に公式Twitterにて収録される旨の告知がなされた。
    先史遺産III(スリー)の使用するカテゴリであることを意識したと見て間違いないだろう。
  • モチーフとなったオーパーツは、トルコ・イスタンブールの古代ウラルトゥ王国のトゥスパ遺跡から発掘された「トルコの古代ロケット」だろう。
    年代から約3000年前に作られたものと推定されており、長さ22cm、幅7.5cm、高さ8cmのコクピットや膝を抱えて座る操縦士とおぼしき姿が見てとれる。
    これは「古代宇宙飛行士説」を提唱させるものとなり、今でも考古学者らの頭を悩ませ続けている石像である。
    不明な点が多いためか、この石像を収蔵しているイスタンブール考古学博物館は一般公開を控えている。
    • ちなみに、この遺物の「古代宇宙飛行士説」の仮説提唱をしたのは、未知の惑星ニビルを定義した考古学研究家、ゼカリア・シッチン氏である。

関連カード

(1)による弱体化数値

―600

―800

―1000

―1200

―1400

収録パック等


Tag: 《先史遺産トゥスパ・ロケット》 効果モンスター モンスター 星4 地属性 岩石族 攻1000 守1000 先史遺産 オーパーツ

広告