占術姫(せんじゅつき)アローシルフ/Prediction Princess Arrowsylph》

リバース・効果モンスター
星4/風属性/天使族/攻1000/守1400
(1):このカードがリバースした場合に発動できる。
自分のデッキ・墓地から儀式魔法カード1枚を選んで手札に加える。

 コレクターズパック−運命の決闘者編−で登場した風属性天使族下級リバースモンスター
 リバースした場合に儀式魔法サーチサルベージを行う誘発効果を持つ。

 類似効果を持つ《マンジュ・ゴッド》《ソニックバード》に比べると、通常召喚時に使えないため1テンポ遅れやすく単純な使い勝手では劣る。
 こちらはサルベージも可能ではあるが、通常は2枚目以降の儀式魔法サーチした方が手っ取り早く、規制されている儀式魔法影霊衣専用の《影霊衣の反魂術》しかないため利点にはなりづらい。
 従ってこのカードを採用する場合は、占術姫サポートカードリバースモンスターであることを活かすべきだろう。

 特殊召喚しても効果が使えるのは利点であり、展開自体は《占術姫コインノーマ》からリクルートするのが最も手っ取り早く、《浅すぎた墓穴》《バースト・リバース》で繰り返し蘇生サーチが狙える。

  • 「シルフ(Sylph)」とは、錬金術師パラケルススが記した四大元素を司る四大精霊のうち、風を司る精霊のことである。
    中性的な外見やか細い少女として描かれることが多く、前者はエリアルが該当し、後者はファンタジー作品などが該当する。
    また、シルフはエルフの一種とされることがあり、「エルフの矢」という慣用句も存在する事から、弓の名手や弓鍛冶の達人として扱われるファンタジー作品も多い。
    「アロー」と名がついているのは、そこから来たものだろう。
    日本の初期のTRPGで精霊使いが扱える魔法の中にある、シルフに矢を運ばせる「シュートアロー」からとった可能性もある。
    • 厳密に言えばシルフは男性系で、女性系はシルフィードと呼ぶのだが、何故か《シルフィード》は男性で、こちらは女性の外見という謎の逆転現象が起きている。
  • 弓矢を使った占いは古くから存在し、古代のエジプトやユダヤで行われていたものはタロットカードの起源になったという説もある。
    日本においても、弓を射て新年の吉凶を占う神事が現在も行われている。
  • アニメZEXALII(セカンド)にはモチーフを同じくする効果モンスター《Vシルフィード》が登場している。

関連カード

─四精霊

収録パック等


Tag: 《占術姫アローシルフ》 モンスター リバースモンスター 効果モンスター 星4 風属性 天使族 攻1000 守1400 占術姫

広告