(たたか)いの(かみ) オリオン》

通常モンスター
星5/光属性/天使族/攻1800/守1500
戦いの神と言われている天使。
その戦いを見た者は誰もいない。

 BOOSTER4で登場した光属性天使族上級モンスター

 《ヴァルキリー》下位互換
 こちらは《黒き森のウィッチ》に対応する点で差別化したい。

  • 「その戦いを見た者は誰もいない」とあるが、確かにこの攻撃力では、古参のデュエリストでも戦いを見た者は少ないだろう。
    早々に絶版となっていることも、それに拍車をかける。
  • 「オリオン(Orion)」とはギリシャ神話に登場する猟師の名であり、彼が死して「オリオン座」になったと言われている。
    海の神ポセイドンの息子であった彼は月と狩りの女神であるアルテミスのお気に入りであったが、それを快く思わなかったアルテミスの兄アポロンの計略により命を落としている。
    また、自身の怪力を鼻にかけ過ぎたため、癪に触った神が遣わした蠍に刺され死亡したとする話もある。
    それ故に、「オリオン座」は「さそり座」が消えるまで天に姿を見せないのだという。
  • このカードはエジプト調の姿をしているので、名前以外の関連性は薄い。
  • コナミのゲーム作品において―
    このカードOCGでは海外未発売カードだが、「遊戯王オンライン」などでは《Orion the Battle King》の英語名が与えられている。
    • 真DM2ではコスト面から《ヴァルキリー》より優先して投入できるが、あちらは簡単に融合召喚できることや《天空騎士パーシアス》の存在もあるため、若干影が薄い。
      《ヴァルキリー》と異なり女性モンスター専用の装備魔法に対応しないという点でも差をつけられている。
      ちなみに、デッキリーダーで敗北したときの台詞は「まあ戦いの神といえども負ける時もあります」。
    • フォルスバウンドキングダムでは、ステータスが総じて高く全体攻撃するスペシャル技も覚えるので、戦いの神とはいかないまでも十分戦いで役に立ってくれる。
      攻撃名は「オリオンの怒り」、スペシャル技名は「ムーンライト・イクスティンクション」。

関連カード

収録パック等


Tag: 《戦いの神 オリオン》 通常モンスター モンスター 星5 光属性 天使族 攻1800 守1500

広告