戦華(せんか)(とく)劉玄(りゅうげん)/Ancient Warriors - Virtuous Liu Xuan》

効果モンスター
星4/風属性/獣戦士族/攻1400/守1200
このカード名の(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドに他の「戦華」モンスターが存在する限り、
相手はこのカードを攻撃対象に選択できない。
(2):相手フィールドのモンスターの数が自分フィールドのモンスターより多い場合、
自分の手札・フィールドからカード1枚を墓地へ送って発動できる。
デッキから「戦華の徳−劉玄」以外の「戦華」モンスター1体を特殊召喚する。
(3):このカード以外の自分の「戦華」モンスターが戦闘を行う攻撃宣言時に発動できる。
自分はデッキから1枚ドローする。

 IGNITION ASSAULTで登場した風属性獣戦士族下級モンスター
 他の戦華モンスターが存在する場合に攻撃対象にならない永続効果相手モンスターの方が自分モンスターより多い場合、カード1枚をコスト同名カード以外の戦華モンスターリクルートする起動効果戦華モンスター戦闘を行う攻撃宣言時にドローできる誘発効果を持つ。

 (1)の効果と(2)のコストに関しては《戦華の仲−孫謀》を参照。
 このカードの場合、自分フィールドモンスターコストに(2)の効果を使えば同じ発動条件を持つ《戦華の義−関雲》の(3)の効果を阻害しにくい。

 (2)はモンスターの数が相手フィールドの方が自分フィールドより多い場合に、フィールド手札カード1枚をコスト戦華モンスターリクルートする効果
 同名カード以外のリクルートであり展開の起点になりうるが、相手フィールドの状況に依存し先攻ターン目で発動は難しい。
 戦華モンスターレベル4とレベル7が存在しており、レベル4をリクルートすれば即座にランク4に繋げる。
 《戦華の雄−張徳》手札に存在すればあちらの特殊召喚条件を満たせる為、レベル7をリクルートすればランク7にも繋げられる。
 《戦華の仲−孫謀》リクルートした場合、双方の(1)の効果攻撃されなくなり、さらに《戦華の仲−孫謀》《戦華の雄−張徳》サーチして特殊召喚バウンスにもつなげられる。

 (3)は他の戦華モンスター戦闘を行う攻撃宣言時にドローできる効果
 (2)の効果リクルートするなど戦華モンスターと並べることはそれほど難しくないので発動を積極的に狙いたい。
 また、現状の戦華モンスターでは、「呉」陣営(水属性)の戦華モンスター共通の発動条件相手ターンに満たせる唯一の効果である。
 (1)の効果により、「このカード自身が真っ先に狙われる」という弱点は補えている。
 とは言え、相手攻撃すれば複数の効果を誘発する状況で無策に攻撃してくるとも考えにくく、攻撃宣言を行わない可能性が高い。
 バトルフェイズ前に除去される事も起こり得るので、相手ターンでの発動は安定しないだろう。

  • モデルは三国志において蜀漢を建国し、その初代皇帝になった「劉備」だろう。
    字は「玄徳」であり、このモンスターの名前はそれを複合させている。
    貧民の出身だが、前漢の景帝の末裔とされており、黄巾の乱の鎮圧のため関羽張飛と共に挙兵。
    乱が終わった後も各地を転戦し、新野の滞在時に三顧の礼をもって迎えた諸葛孔明の「天下三分の計」を受け、蜀漢を建国する。
    その後、関羽の仇討ちをするべく呉の孫権に攻勢を仕掛けたが、夷陵の戦いで大敗を喫し、諸葛孔明に跡を託して病死した。
    • 三国志を元にした『三国志演義』などでは主役になることが多い。
  • ちなみに「劉玄」という名前の人物は何人か実在しており、その内の一人がこのカードのモデルである劉備のひ孫である。
  • このモンスターの鎧は、四神の1つである「青龍」がモチーフであると思われる。

関連カード

―《戦華の徳−劉玄》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《戦華の徳−劉玄》 効果モンスター モンスター 星4 風属性 獣戦士族 攻1400 守1200 戦華

広告