戦華(せんか)(もう)曹徳(そうとく)

効果モンスター
星8/炎属性/獣戦士族/攻3000/守2500
このカード名の(1)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):相手フィールドのカードが戦闘・効果で破壊された場合、
このカード以外の自分の手札・フィールドのカード1枚を墓地へ送って発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
(2):自分フィールドに他の「戦華」モンスターが存在する限り、
このカードは相手の効果の対象にならず、相手の効果では破壊されない。
(3):このカードが戦闘で相手モンスターを破壊し墓地へ送った時に発動できる。
そのモンスターを自分フィールドに守備表示で特殊召喚する。

 ETERNITY CODEで登場した炎属性獣戦士族最上級モンスター
 相手フィールドのカード戦闘効果破壊された場合に手札フィールドのカード1枚を墓地へ送って自身を特殊召喚する誘発効果、他の戦華モンスターが存在する場合に相手効果の対象にならず、相手効果破壊されない耐性を持つ永続効果戦闘破壊墓地へ送った相手モンスター守備表示特殊召喚する誘発効果を持つ。

 (1)は手札から自身を特殊召喚する効果
 発動条件相手フィールドのカード戦闘効果破壊された場合と緩いもの。
 この発動条件は「魏」陣営(炎属性)の戦華モンスター共通である。
 最大の特徴は「相手ターンで満たせる可能性のある戦華モンスター効果」という点で、「呉」陣営(水属性)の戦華モンスターの「戦華モンスターの効果が発動した場合」という発動条件を満たすことができる。
 複数の水属性戦華モンスターが存在すれば大きくアドバンテージを得られる可能性があるため、この効果誘発のためにフリーチェーンカードを用意する価値はある。
 いずれも発動条件を持つものの、戦華効果なら《戦華の義−関雲》《戦華の妙−魯敬》相手カード破壊できる。

 コストとして手札あるいはフィールドのカード墓地へ送る必要があるが、戦華魔法・罠カードサルベージが容易なため、それらをコストに当てると消費が少なくて済む。
 ただし戦華ではカード墓地へ送るコスト効果が多いため、戦華魔法・罠カードを送れない状況も多い。
 炎舞永続魔法なども使うとよいか。

 (2)は相手効果の対象にならず、相手効果破壊されない耐性効果
 他の戦華モンスターが存在する場合にしか適用されないが、戦華モンスターは展開が容易であるためこのカードと並べることは難しくない。
 このカード自身3000という高い攻撃力を持つこともあり、この耐性と合わせて場持ちは良いと言える。
 《戦華の来−張遠》と並べることができれば、戦闘破壊耐性も得られ更に強固なモンスターとなる。

 (3)は戦闘破壊した相手モンスター墓地から守備表示特殊召喚する効果
 《ゴヨウ・ガーディアン》と同じ効果であり、処理などはあちらも参考にしたい。
 あちらと比べ更に高い攻撃力を持ち(2)の耐性もあるため、単体での性能はあちら以上と言える。

 (1)(3)は戦華に関係なく利用できる汎用的な効果であり、自身の高いステータスも相まって汎用カードとしての採用も考えられる。
 ステータスが低い代わりに破壊による除去を得意とするデッキなどでは特殊召喚しやすい高打点のアタッカーとして利用できる。
 コンバットトリック等で戦闘破壊を得意とするデッキなどでも(3)の発動補助に繋がるため相性が良い。

  • モデルは三国志において魏(曹魏)王朝の基礎を作った「曹操」だろう。
    字は「孟徳」であり、このモンスターの名前はそれを複合させている。
    黄巾の乱で活躍して地盤を固め、群雄を破って後漢の皇帝を擁立し華北を統一するも、赤壁の戦いで劉備孫権連合軍に敗れ、天下を三分する事になった。
    屯田制などの政策で魏の基礎を作ったが、自身はあくまで後漢の丞相という立場をとり続け、彼の死後、息子の曹丕が後漢の献帝から禅譲を受けて魏の初代皇帝となった。
    • 賈文和等のかつて敵対したものであっても有能な人材であれば登用するなど優れた国主であった。
      (3)の効果は敵対する者をも登用するそんなエピソードにちなんだものか。

関連カード

収録パック等


Tag: 《戦華の孟−曹徳》 効果モンスター モンスター 星8 炎属性 獣戦士族 攻3000 守2500 戦華

広告