戦華(せんか)(ゆう)張徳(ちょうとく)/Ancient Warriors - Valiant Zhang De》

効果モンスター
星7/風属性/獣戦士族/攻2700/守 900
このカード名の(1)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドに「戦華」モンスターが2体以上存在する場合に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
(2):このカードの攻撃力は自分ターンの間、
相手フィールドのモンスターの数×300アップする。
(3):相手フィールドのモンスターの数が自分フィールドのモンスターより多い場合に発動できる。
このターン、このカードは1度のバトルフェイズ中に2回までモンスターに攻撃できる。

 IGNITION ASSAULTで登場した風属性獣戦士族最上級モンスター
 戦華モンスターが2体以上存在する場合に特殊召喚できる起動効果自分ターンのみ自己強化する永続効果相手モンスターの方が自分モンスターより多い場合、2回攻撃できる起動効果を持つ。

 (1)は自分フィールド戦華モンスターが2体以上存在する場合に自身を手札から特殊召喚できる効果
 戦華を並べる方法としては《炎舞−「天枢」》《戦華の徳−劉玄》がある。
 仮に条件を満たせなくても戦華下級モンスター《戦華史略−三顧礼迎》墓地へ送れば特殊召喚できる。

 (2)は自分ターンの間、相手フィールドモンスターの数だけ自己強化される効果
 1体でも攻撃力3000となり、2体以上いればそれだけ強化されていくため、(3)の効果と合わせて戦闘破壊を狙いやすい。

 (3)は相手フィールドモンスターの数が自分フィールドモンスターより多い場合に、自身にモンスターへの2回攻撃を付与する効果
 相手モンスターを増やす《おジャマトリオ》などを用いれば(2)の強化の数値も増す上、展開していても条件を満たしやすい。
 モンスターを複数要求する(1)の効果とはかみ合っていないが、展開したモンスターリンク素材等に使えば満たすこともできる。
 相手フィールドモンスターが1体以下の場合どうしても発動できないが、元々モンスターへの2回攻撃であるため殆ど問題ない。

  • モデルは三国志に登場する蜀の将軍の一人「張飛」だろう。
    彼の字は「益徳」であり、このモンスターの名前はそれを複合させている。
    関羽と共に劉備に仕え、一万人に匹敵すると評価された猛将である。
    各地を転戦し活躍したが、最後は関羽の仇討ちのための出陣の前に、自身の部下によって暗殺されてしまった。
    • 『三国志演義』では字は「翼徳」とされ、非常に酒癖が悪く描かれており、上述の暗殺も酒癖の悪さに耐えかねたものという動機付けがされている。
      しかし、史実には酒癖に関する記録はない。
  • 演義では、関羽が曹操に「弟の張飛の武勇は自分以上である」と語る場面もあり、攻撃力が高く戦闘に特化した効果はここから来ているかもしれない。

関連カード

―《戦華の雄−張徳》の姿が見られるカード

収録パック等


Tag: 《戦華の雄−張徳》 効果モンスター モンスター 星7 風属性 獣戦士族 攻2700 守900 戦華

広告