戦華史略(せんかしりゃく)長坂之雄(ちょうはんのゆう)/Ancient Warriors Saga - Difense of Changban》

永続罠
このカード名の(2)(3)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):自分の「戦華」モンスターが戦闘を行う場合、
相手はダメージステップ終了時まで魔法・罠カードを発動できない。
(2):相手のバトルフェイズ開始時に、魔法&罠ゾーンの表側表示のこのカードを墓地へ送って発動できる。
このターン、相手は「戦華」モンスターを攻撃対象にできない。
(3):相手モンスターの攻撃宣言時に、墓地のこのカードを除外して発動できる。
デッキから「戦華」モンスター1体を特殊召喚する。

 IGNITION ASSAULTで登場した永続罠
 戦華モンスター戦闘を行う場合に魔法・罠カード発動を封じる効果戦華モンスター攻撃対象にできなくする効果相手攻撃宣言時に自身を墓地コスト戦華モンスターリクルートする効果を持つ。

 (1)は戦華モンスター戦闘時に相手魔法・罠カード発動を封じる効果
 安全に戦闘を行いやすくなるがモンスター効果は防げないので、相手誘発即時効果セットモンスターには警戒したい。

 (2)は相手スタートステップにこのカード墓地へ送ることで、戦華モンスター攻撃対象にできなくする効果
 使い切りとなるが戦華モンスター戦闘から守れ、戦華モンスターしかいないなら攻撃を封じることになる。
 スタートステップ発動できる効果であるため、バトルステップに入った後特殊召喚されたモンスターを見て発動するということはできない。

 (3)は相手モンスター攻撃宣言時に、墓地のこのカード除外して戦華モンスターリクルートする効果
 必然的にバトルステップの巻き戻しが発生するため、低ステータスモンスターリクルートしてもにしかならない。
 一応《戦華の仲−孫謀》あるいは《戦華の徳−劉玄》を2体以上並べることで戦闘では突破されないになるが、他のモンスターを守ることはできない。
 なおこの効果《戦華の徳−劉玄》リクルートしても、攻撃宣言時は既に終了しているため、その後相手戦華モンスター攻撃対象にしてもドロー効果発動できない。

 (2)と(3)は1ターンに1度いずれか1つしか発動できず、どちらも相手バトルフェイズ発動する効果である。
 そのため(2)で墓地へ送って(3)を発動しようとすると、このカードを伏せたターンから4ターンかかることになる。
 (3)の効果を狙いたい場合は(2)以外の効果コスト墓地へ送ることも考慮したい。
 もっとも、(2)の効果を使って守ったなら次の自分ターンが回ってくる可能性は高く、その間に出すことも狙える。

  • モチーフは張飛の武勇を示した長坂の戦いでの殿(しんがり)だろう。
    主である劉備を逃がすために長坂橋の前に陣取り、追撃する曹操の軍相手に一喝し追撃の手を止めたことで劉備を逃がすことに成功した逸話である。
    (2)は、張飛の一喝で攻撃を止めたのがモチーフであろう。

関連カード

イラスト関連

収録パック等


Tag: 《戦華史略−長坂之雄》 永続罠 戦華

広告