戦慄(せんりつ)凶皇(きょうこう)−ジェネシス・デーモン/Archfiend Emperor, the First Lord of Horror》

効果モンスター
星8/闇属性/悪魔族/攻3000/守2000
このカードはリリースなしで召喚できる。
この方法で召喚したこのカードの元々の攻撃力・守備力は半分になり、
エンドフェイズ時に破壊される。
このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、
自分は悪魔族以外のモンスターを特殊召喚できない。
また、1ターンに1度、自分の手札・墓地の
「デーモン」と名のついたカード1枚をゲームから除外して発動できる。
フィールド上のカード1枚を選択して破壊する。

 JUDGMENT OF THE LIGHTで登場した闇属性悪魔族最上級モンスター
 デーモンの1体であり、リリースなしで妥協召喚できるが攻守が半減する上自壊する召喚ルール効果悪魔族以外の特殊召喚を封じる永続効果手札墓地デーモン1枚を除外して単体除去を行う起動効果を持つ。

 半上級モンスターとして見た場合、弱体化自壊デメリット重い
 《スキルドレイン》使用しても自壊は免れられず、《神獣王バルバロス》《可変機獣 ガンナードラゴン》よりも扱いづらい。
 特殊召喚も制限されるが、ランク8の悪魔族には現在このカードエクシーズ召喚できるモンスターは存在せず、エクシーズ素材には適さない。
 弱体化するためにウイルス媒体にもできず、除去効果も単体では使用できない。

 使用するならば、自身の効果サポートカードを活かせる【デーモン】で採用するべきろう。
 妥協召喚した場合でも除去効果使用でき、《伏魔殿−悪魔の迷宮−》によるリクルートを利用すれば実質的に弱体化リセットできる。
 自壊デメリットも、《万魔殿−悪魔の巣窟−》サーチ効果《デーモンとの駆け引き》トリガーとして利用する事が可能である。
 なお、破壊対象自分相手カードを問わないので、《デーモンの騎兵》破壊して蘇生を行う事もできる。
 消費は大きいが、自身を破壊すれば、メインフェイズ1で《万魔殿−悪魔の巣窟−》《デーモンとの駆け引き》に繋げる事も可能。

 デーモン自体は墓地を肥やす能力に長けていないため、序盤から除去効果使用するには構築を工夫する必要がある。
 《魔サイの戦士》や、《終末の騎士》《ダーク・グレファー》などを採用し、コストを確保しやすくすると良いだろう。
 《デーモン・ソルジャー》を利用する場合は《レスキューラビット》も検討できる。
 《レスキューラビット》はこのカードに阻害されずに通常召喚でき、悪魔族エクシーズモンスターに繋げられる。
 《万魔殿−悪魔の巣窟−》を採用する場合は、これをサーチしつつ自身を墓地へ送る事のできる《ジェネラルデーモン》コストに利用できる。

 モンスター除外した場合は、《闇次元の解放》《トランス・デーモン》とのコンボも可能。
 手札デーモンコストにできるので、ディスアドバンテージこそ負うが、強引に手札《ヘル・エンプレス・デーモン》を処理しつつ帰還を狙う事もできる。

 なお、除外コストデーモンと名がつけば良いので、魔法・罠カードでもよい。
 使用した《伏魔殿−悪魔の迷宮−》《デーモンの雄叫び》《デーモンとの駆け引き》を利用できる。
 この場合、《デーモンの雄叫び》《デーモンの騎兵》などの蘇生効果を阻害しないメリットがある。

 《ヘル・エンプレス・デーモン》は特に相性がよく、《デーモンの雄叫び》《リビングデッドの呼び声》自壊させればこのカード完全蘇生できる。
 《伏魔殿−悪魔の迷宮−》でお互いをリクルートすることも可能で、これらは除外コストも要求するため、《闇次元の解放》なども共有できる。
 どちらも最上級モンスターゆえに手札事故の危険はあるが、《闇の誘惑》《トレード・イン》《ダーク・グレファー》を利用できる。
 《デーモンとの駆け引き》にも対応するので、高攻撃力モンスターの連続展開が狙える。

 《Sin スターダスト・ドラゴン》とは、フィールド魔法《トレード・イン》《デーモンとの駆け引き》を共有できる。
 ただし、このカードフィールドに存在すると、制約により《Sin スターダスト・ドラゴン》特殊召喚できないため、《スキルドレイン》と併用すると良いだろう。

  • 海皇希望皇ホープ三幻魔等の様に、「皇」という単語が熟語として末尾に用いられる場合、それが造語であっても「おう」の読みを充てるのが一般的である。
    「凶皇」は単に「凶々しい皇帝」といった意味合いだけでなく、カトリックにおける最高地位である「教皇」にかけたものであると推測できる。
    これは「創世記」を意味する「ジェネシス」という宗教的な単語を使用している点や、地位・役職をカード名にもつデーモンが多く存在する点、それが既存のデーモンと重複せず、かつ最高のステータスを持つという点からも推測できる。
  • 攻撃力では上回るが、《ヘル・エンプレス・デーモン》とはステータスの合計値が同じである。
    なお世俗上の最高権力である皇帝・女帝が即位するにあたり、王冠を授けるのが上記の教皇であるが、こちらは宗教上の最高権力であって、どちらかが上の地位という事はない。
    そういった意味では絶妙と言えるステータスである。

関連カード

イラスト関連

―《戦慄の凶皇−ジェネシス・デーモン》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:効果分類は何ですか?
A:悪魔族以外を特殊召喚できない効果は永続効果デーモンを除外してフィールド上のカードを破壊する効果は起動効果です。
また、自身をリリースなしで召喚し、攻撃力守備力が半分になり、エンドフェイズに破壊される効果は、特定の効果に分類されない効果(召喚ルール効果)となります。(13/06/13)

Q:エンドフェイズ時の破壊チェーンブロックを作りますか?
A:いいえ、作りません。(13/04/24)

Q:このカードリリース無しで召喚した後に《スキルドレイン》発動した場合、攻撃力守備力を半分にする効果エンドフェイズ破壊される効果無効になりますか?
A:その場合、攻撃力守備力は元に戻りますが、エンドフェイズ破壊される処理は行います。(13/05/09)

Q:《スキルドレイン》フィールド上に存在している時にこのカードをこのカードリリース無しで召喚した場合、攻撃力守備力を半分にする効果エンドフェイズ破壊される効果無効になりますか?
A:その場合でも、攻撃力守備力は元に戻りますが、エンドフェイズ破壊される処理は行います。(13/05/23)

Q:エンドフェイズ時の破壊効果によって破壊されなかった場合、その後、攻撃力守備力はどうなりますか?
A:半分のままになります。(13/04/24)

Q:エンドフェイズ時の破壊効果によって破壊されなかった場合、次の相手ターンエンドフェイズ破壊する処理は行われますか?
A:はい、その後もエンドフェイズの度に破壊する処理を行ないます。(13/04/24)

Q:エンドフェイズ時の破壊効果カードの効果破壊される扱いですか?
A:はい、カードの効果による破壊です。(13/05/22)
  《機皇帝ワイゼル∞》の特殊召喚も可能です。(13/05/23)

Q:このカードリリース無しで召喚した後にこのカード《No.66 覇鍵甲虫マスター・キー・ビートル》《閃こう竜 スターダスト》効果の対象とした場合、エンドフェイズ破壊されますか?
A:いいえ、エンドフェイズ破壊される処理は行われません。(13/05/23)

Q:リリース無しで召喚したこのカード《月の書》効果裏側表示になった後に再び表側表示になった場合、そのターンエンドフェイズ時にこのカード破壊されますか?
A:いいえ、破壊されません。(13/06/05)

Q:リリース無しで召喚したこのカード《亜空間物質転送装置》効果除外されフィールド上に戻った場合、そのターンエンドフェイズ時にこのカード破壊されますか?
A:いいえ、破壊されません。(13/06/05)


Tag: 《戦慄の凶皇−ジェネシス・デーモン》 効果モンスター モンスター 星8 闇属性 悪魔族 攻3000 守2000 デーモン

広告