洗脳光線(せんのうこうせん)/Brainwashing Beam》

永続罠
相手フィールド上のAカウンターが乗った
モンスター1体を選択してコントロールを得る。
自分のエンドフェイズ時毎に、
選択したモンスターのAカウンターを1つ取り除く。
そのモンスターのAカウンターが全て取り除かれるか
そのモンスターが破壊された場合、このカードを破壊する。

 POWER OF THE DUELISTで登場した永続罠
 Aカウンターの乗ったモンスター1体をコントロール奪取する効果を持つ。

 よく似た効果罠カードとして《大捕り物》が存在する。
 比較すると、こちらはAカウンターが必要な関係上【エーリアン】専用となり、複数ターンに渡るコントロール奪取は難しく、あちらは条件がない代わりに攻撃効果の発動ができない。
 Aカウンターを要求する以上表側表示が必須な点も《大捕り物》と同様であり、よほど有用な起動効果か高い攻撃力を持つモンスターを奪えなければ労力に見合うとは言えないだろう。
 さらに自分エンドフェイズ毎にそのモンスター置かれたAカウンターが1つ減り、それが無くなるとコントロール相手に戻ってしまう。
 またこのカードフィールド上に存在しなくなった場合も、同様にコントロール相手に戻るので、それまでにリンク素材などとして利用したいところだが、このカード自壊するのは、コントロール奪取したモンスター破壊された時か、その上に乗せられたAカウンターがなくなった時である。
 つまりそのモンスター破壊以外でフィールド離れた場合、このカード破壊されず、無意味な永続罠としてフィールドに残り続けてしまう。

 これを逆利用し《宇宙砦ゴルガー》バウンスしてAカウンター相手モンスターに置けば、このカードを再利用しつつ発動条件を整えられる。
 《大捕り物》と差別化できる数少ない点であるので、【エーリアン】で採用する場合は《集団催眠》とも比較しながら独自の利点を活かしたい。

関連カード

−「洗脳」と名のついたカードについては《洗脳解除》参照。

イラスト関連

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:《洗脳光線》が破壊または無効にされたとき、モンスターコントロールは元に戻りますか?
A:はい、モンスターコントロールは元に戻ります。

Q:Aカウンターを取り除く効果チェーンブロックが作られますか?
A:いいえ、作られません。(11/05/06)

Q:このカード破壊される効果チェーンブロックが作られますか?
A:いいえ、作られません。(10/07/01)

Q:既に発動しているこのカードの効果相手モンスターコントロールを得ている時に《王宮のお触れ》発動しました。
  その場合、モンスターコントロール及びこのカード破壊する効果はどうなりますか?
A:コントロールが戻り、このカード破壊する効果無効になります。(10/07/01)

Q:発動条件としては書かれていないように見えますが、このカードAカウンターが乗ったモンスターが存在しない場合は発動できますか?
A:いいえ、Aカウンターの乗ったモンスター相手フィールド上に存在しない場合は、カードの発動自体ができません。
  これは《集団催眠》《亜空間ジャンプ装置》《デストラクト・サークル−A》等のカードも同様です。(08/09/20)

Q:このカードの効果コントロールを得たモンスター裏側守備表示になった場合、コントロール相手に戻りますか?
A:いいえ、対象を取り続ける関係がなくなり、コントロールは戻りません。(12/05/31)


Tag: 《洗脳光線》 永続罠

広告