潜海奇襲(シー・ステルス・アタック)/Sea Stealth Attack》

永続罠
(1):このカードの発動時の効果処理として、自分の手札・墓地の「海」1枚を選び、発動できる。
(2):フィールドに「海」が存在する場合、表側表示のこのカードは以下の効果を得る。
●1ターンに1度、自分フィールドの水属性モンスター1体をエンドフェイズまで除外して発動できる。
このターン、自分フィールドの表側表示の魔法・罠カードは相手の効果では破壊されない。
●元々のレベルが5以上の自分の水属性モンスターが
相手モンスターと戦闘を行うダメージステップ開始時に発動する。
その相手モンスターを破壊する。

 デュエリストパック−レジェンドデュエリスト編−で登場した永続罠
 《海》発動する効果水属性除外魔法・罠カード破壊耐性を付与する効果、元々のレベルが5以上の水属性モンスター戦闘する相手モンスター破壊する効果を持つ。

 (1)は、手札墓地《海》フィールド発動できる効果
 墓地フィールド魔法を再利用する手段はかなり限られているため、《海》《伝説の都 アトランティス》《忘却の都 レミューリア》等)がキーカードとなるデッキでは重宝するだろう。

 (2)は、自分水属性モンスター一定期間だけ除外することで、自分表側表示魔法・罠カード破壊耐性を与える効果
 現環境では永続カードは簡単に破壊されてしまうため、このカード自身や《海》を守れるこの効果はありがたい。
 しかし、この効果の発動チェーンして《サイクロン》等を撃たれると耐性を得る前に破壊されてしまうので注意。
 モンスター一時的な除外を利用する手もあり、エクストラモンスターゾーン水属性モンスターメインモンスターゾーンに移動させたり、サクリファイス・エスケープなどにも使える。
 【幻煌龍】では幻煌龍トークンコスト《幻煌の都 パシフィス》破壊から守れ、あちらの効果で再び幻煌龍トークンを出してコストを確保できる。
 《城塞クジラ》を採用する場合も、この効果《城塞クジラ》除外すれば幻煌龍カード発動条件を満たせる。
 《E・HERO アブソルートZero》とは相性が抜群によく、毎ターン相手モンスターを一掃することができる。

 (2)のもう一つの効果は、元々のレベルが5以上の水属性戦闘を行うモンスター破壊する効果
 こちらの攻撃力に関わらず除去でき、回数制限もないため、複数使えばアドバンテージを稼げる。
 強制発動であるため【幻煌龍】で採用する場合は《幻煌龍の螺旋絞》及び《幻煌龍の螺旋突》特殊召喚効果との相性が悪いことに注意したい。

 このカード《城塞クジラ》効果で疑似的にサーチすることができる。
 ただし、《城塞クジラ》特殊召喚があまり容易ではない最上級モンスターであるため、《城塞クジラ》がかえって事故要因にならないようにバランスには気を付けたい。

関連カード

イラスト関連

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

(1)の効果について

Q:このカードの発動時に《海》発動しないことはできますか?(セット状態から表側表示にするのみ)
A:できます。自分手札墓地《海》が存在していなくてもカードの発動はできます。(17/06/03)

Q:(1)の効果を適用し《海》発動するかどうか決めるのはいつですか?
A:効果処理時です。(17/06/03)

Q:(1)の効果《海》発動した場合、《妖精竜 エンシェント》《EMスカイ・マジシャン》誘発効果発動できますか?
  手札墓地どちらから発動したかによって変わりますか?
A:《妖精竜 エンシェント》効果発動しますが、《EMスカイ・マジシャン》効果発動しません。(17/06/09)

(2)の効果について

Q:(2)の効果コストとして自分モンスター除外したところ、相手《サイクロン》チェーンされこのカード破壊されました。
  エンドフェイズの処理はどうなりますか?
A:その場合でも、コストとして除外されたモンスターエンドフェイズフィールドに戻ります。(17/06/02)

Q:(2)の効果の’’発動’’が無効になった場合、コストとして除外された水属性モンスターフィールド戻りますか?
A:戻ります。(17/06/09)

Q:(2)の効果《サイクロン》チェーンされ、《海》破壊されました。
  「以下の効果」を得ていない状態になりますが、(2)の効果適用されますか?
A:《海》が存在しなくなるため、(2)の効果適用されません。(17/06/09)

Q:既に《海》フィールドに存在している時、カードの発動と同一のチェーンブロックで(2)の効果発動できますか?
A:いいえ、発動できません。(17/08/12)


Tag: 《潜海奇襲》 永続罠

広告