閃光(せんこう)のバリア −シャイニング・フォース−/Radiant Mirror Force》

通常罠
相手フィールド上に攻撃表示モンスターが3体以上存在する場合、
相手の攻撃宣言時に発動する事ができる。
相手フィールド上の攻撃表示モンスターを全て破壊する。

 FORCE OF THE BREAKERで登場した通常罠
 相手フィールド上に3体以上の攻撃表示モンスターが存在し、相手攻撃宣言時に発動する事が出来、相手フィールド上の攻撃表示モンスターを全て破壊する効果を持つ。
 不特定多数を全て破壊するので対象をとる(指定する)効果ではない。

 《聖なるバリア −ミラーフォース−》の完全下位互換
 相手モンスターのみ破壊できる魅力はあるものの、フリーチェーン《つり天井》と比較しても扱いにくい。

 それでも発動条件さえ満たせば複数のモンスター破壊できるため、場合によっては強力。
 だが、大半のプレイヤー《聖なるバリア −ミラーフォース−》を警戒するため、攻撃表示モンスターを3体も並べてくることは少ない。
 更に、肝心の《聖なるバリア −ミラーフォース−》13/09/01にて制限解除されており、採用するメリットはほとんどなくなった。
 伏せカード除去が容易となった現環境でわざわざこのカードも投入するのは考え物であり、そもそも《次元幽閉》のように扱いやすい攻撃反応型罠カードはいくらでもあるので、優先順位は非常に低い。

 それでもデッキに入れたい場合は《最終突撃命令》《ドリルロイド》《エネミーコントローラー》などを使用して、相手モンスター攻撃表示を強いる工夫が欲しい所。
 《シールド・ウィング》《ダーク・リゾネーター》等の、複数のモンスター攻撃しなければ戦闘破壊できないモンスターを使用することで発動しやすくはなる。

関連カード

イラスト関連

収録パック等

広告