閃光(せんこう)追放者(ついほうしゃ)/Banisher of the Radiance》

効果モンスター
星3/光属性/天使族/攻1600/守   0
このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、
墓地へ送られるカードは墓地へは行かずゲームから除外される。

 ENEMY OF JUSTICEで登場した光属性天使族下級モンスター
 墓地へ送られるカード除外する永続効果を持つ。

 《マクロコスモス》内蔵するモンスターである。
 この効果の主な影響と相性の良いカードについては、同一の効果を持つ《マクロコスモス》を参照。

 《マクロコスモス》と大きく異なる点は、自身がモンスターという点である。
 除外効果を使うために召喚権を消費する代わり、自身が攻撃できる。
 《光の追放者》と異なり攻撃力1600のステータスなので、ある程度戦闘破壊も狙える。
 墓地へ送られた時に効果を発揮するものや、墓地にある時に効果発動できるモンスター戦闘破壊すればそれらの効果を封じられる。
 攻撃力はそこまで高くないのは難点と言えるが、《安全地帯》などで耐性は付与しやすい。
 ただ、メタカードとしてはチェーン発動なども可能な《マクロコスモス》が優先される。

 第一線は退いたものの《マクロコスモス》と同等の墓地メタ性能は健在であり、【メタビート】では今日でも採用され得るカードである。
 リクルーターを1体潰して満足するよりは、継続して効果を発揮できるよう工夫していきたいところ。
 このカードの利点として、破壊された場合自身は墓地に送られるので、蘇生系のカードを絡めてやると効果的。
 また、魔法・罠カード除去能力が高く、《マクロコスモス》があっさり除去されやすい【アーティファクト】相手にはこちらが有効である。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:自分フィールド上に《閃光の追放者》とその他のモンスターが居るときに《ライトニング・ボルテックス》を使われました。
  自分フィールド上のモンスター除外されますか?それとも墓地に送られますか?
A:破壊された時点で効果適用されなくなるため、同時に破壊されるモンスター《ライトニング・ボルテックス》墓地へ行きます。
  なお、《ライトニング・ボルテックス》手札コストは《閃光の追放者》がまだフィールドに居るとき捨てるので除外されます。

Q:このカード表側表示で存在する時にエクシーズモンスターフィールドを離れた場合、エクシーズ素材除外されますか?
A:はい、除外されます。(11/03/17)


Tag: 《閃光の追放者》 効果モンスター モンスター 星3 光属性 天使族 攻1600 守0

広告